savix - 誰にでもできる簡単なDeFi

Savixは、従来の貯蓄口座に対するDeFiの答えであり、パッシブインカムの再定義です。 - 予測可能な初のセルフステーキングプロトコル - ガスなしにステーキングの報酬を直接財布に入れることができる - 他のDeFiプロジェクトとの組み合わせが可能 - 独自の監査済みコードをGitHubで公開 - 85%のAPY Savixは、毎日の事前定義された金利とDeFi投資を組み合わせて、複数の収入源を提供します。 1トークン=3種のパッシブ・インカム。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
SVX
開始日時
2021-03-08
終了日時
2021-03-29
最低目標
20,000 USD
最高目標
1,000,000 USD
初回価格
40 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of savix?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域see https://savix.org/#terms
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 2021-03-08 - 2021-03-15 - 32 USD
  • 2021-03-15 - 2021-03-22 - 36
  • 2021-03-22 - 2021-03-29 - 38 USD

概要

Savixトークンは、技術的な判断や複雑な手続きを必要とせず、自動的に投資に対して予測可能な金利を得ることができます。お客様は、Savixトークンを購入し、保管するだけで、リターンを受け取ることができます(Staking)。従来な貯金通帳との類似性は明らかであり、それゆえにSavixという名前はそれを連想させます。さらにSavixは、定義済みのDeFi商品のためのシンプルで使いやすいオンラインダッシュボードを提供し、ワンクリックで簡単にユーザーに追加の投資機会を提供します。このようなワンクリック投資は、複雑な技術的プロセスを、大多数の日常的な投資家のために最適化された事前定義されたセットアップによって削減することで実現できます。

Savix(SVX)は、定期的で予測可能なステーキング報酬と、革新的なDeFi製品の利益を組み合わせて、複数の受動的収入の流れという優れたコンセプトを導入しています。Savixトークンは、初年度のAPYが85%であること、最大10万トークンという非常に少ない供給量、サードパーティのDeFi製品との互換性、技術に詳しくない幅広いターゲットグループによる大きな成長の可能性など、他には見られないユニークな投資機能を備えています。

チーム

Anatol Galkina
Anatol Galkina
Founder

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )