Robonomics Network - Ethereumネットワークのインフラ

当社のプロトコルは、ロボットセンサーからのデータの直接販売、物流サービスの注文、および完全自動化された企業によるパーソナライズド製品の製造のために、Ethereum上に存在するロボットの負債の市場に様々な異なるロボットを接続することを可能にします。

ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
XRT
公式サイトへ Owner of Robonomics Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

生産、物流、都市生活におけるサイバー物理システム(CPS)の本格的なアプライアンスは、サプライチェーンの複雑化に対応し、高品質の製品を消費者に提供することを可能にします。記事の著者によれば、ここでの主な問題は、さまざまなCPSのグローバルな連携を整理することです。

我々は、自律型サイバー物理システムの連携を、市場メカニズムに基づくネットワークとして機能させることが、最も持続可能な選択肢であると考える。

市場メカニズムに基づいて構築され、エンドユーザが直接アクセスできる、人間のニーズに適応可能なサイバー物理システムによるサービスの配信、制御、提供のネットワークは、P2P技術に基づいて作成できます。これにより、取引の技術的および経済的パラメータを機械に組み合わせることができます。

そのようなピアツーピアネットワークを構築することは、Ethereumインフラストラクチャに基づいて実行することができる。基本的な通信プロトコルの機能を拡張することで、サイバー物理システムを訓練して、市場メカニズムや契約上の義務と相互作用することができます。

ロボット経済ネットワーク(簡単に言えば、Robonomicsプラットフォーム)を扱うためのツールを提供するプラットフォームの作成と開発は、新しい都市や工業地帯の設計者が自律型ロボットサービス間の信頼関係を構築し、都市センサネットワークの自律的な工場およびサービス。これにより、サイバー物理システムの活動をグローバルに監視する分散型システムを導入することができます。

チーム すべてを見る

Sergey Lonshakov
Sergey Lonshakov
Robonomics network architect
Aleksandr Kapitonov
Aleksandr Kapitonov
PhD in Industrial Automation, Robot economics academic society progressor
Aleksandr Krupenkin
Aleksandr Krupenkin
Robotics/IoT developer, Ethereum smart contract developer, Aira tech stack architect
Valerii Chernov
Valerii Chernov
Junior research assistant
Aleksei Ovcharov
Aleksei Ovcharov
Junior research assistant
Evgene Radchenko
Evgene Radchenko
System engineer

人気ICO記事

  • 高校生の前で講演しました!10月3週の開発週報

    先週はUXの改善、引き続き新機能の開発、各種イベントへの参加などがございました。来週には新バージョンがリリースできる予定ですので乞うご期待!仮想通貨一年生の教科書の著者、ポインさんと弊社の沼崎悠が仮想通貨、ブロックチェーンに関する講演を行いました。高校生にはちょっと難しかったかもしれませんが、クリエイターを目指す高校生たちが多い学校だったのでちょっとは仮想通貨に興味を持ってくれたかと思います。10/26と27日に東京国際フォーラムで開催されたイベントに参加いたしました。弊社はブースを出展いたしました。アプリを使っているユーザーの方が声を掛けていただいたり、まだアプリを知らない方には興味を持って
  • 新機能を続々開発中! 「コイン相場」10月2週目の開発週報 Vol.17

    今週も引き続きdAppsなど新機能の開発に注力してました。と同時にUXの改善やバグの修正なども行いました。ラベル名やアカウント情報が編集可能になりましたボタン1つで全額送金が可能になり、送金がラクになりました大きな資産だけ分かるようになりますただしリセットする際は、以前のウォレットに資産が残っていないかご確認ください。3つのモードから選択可能です。いつでも設定画面から変更可能です。 iOSのフィードバックページの改善 通貨換算の頻度の増加 相場の指標データの改善、より多くの指標に対応DappsプラットフォームのSDkファイル完成 Ocean.OneのAPI連携 (現在開発中)
  • 【10月4週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.19

    10月の2・3週目は新機能を追加しました、今週は主にバグの改善に注力しました。 新しいバージョンを審査提出しましたので、通過すれば2・3週目の開発週報でレポートした新機能をご活用いただけます。 今月中旬にはbitcoinのボラリティ増減の指数が追加される予定です。 ポートフォリオの履歴データが改善されました。 ・dApp認証インターフェースを改善予定。