RewardsToken - ロイヤリティを変える

Rewards.comは、レストラン、トラベル、エンターテインメント、小売店など、1億以上の商品と7,000人の商人を集めたグローバルマーケットを紹介しています。このマーケットプレイスでは、お客様が参加している商人で、RWRDトークンと呼ばれるものを獲得し、交換することができます。この解決策は、暗号通貨のメインストリーム、健全で強力なトークン経済の構築、顧客報酬への真の価値の回復により、この解決策がロイヤリティー仕組みを変えると確信しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
RWRD
最低目標
3,000 ETH
最高目標
75,000 ETH
初回価格
1 RWRD = 0.35 USD
トークン供給数
400,000,000
公式サイトへ Owner of RewardsToken?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, DASH, ETH, LTC
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 2 ETH – 50 ETH, PRE-SALE - 40%
  • 50 ETH – 200 ETH,PRE-SALE - 50%
  • 200 ETH +,PRE-SALE - 60%
  • 2 ETH – 50 ETH, MAIN SALE - 30%
  • 50 ETH – 200 ETH, MAIN SALE - 40%
  • 200 ETH +, MAIN SALE - 50%

概要

1793年地元の商人は、顧客の忠誠を守るために顧客に報酬を与えることで、ビジネスへのトラフィックを増やしたいと考えました。数回試行後、彼は顧客に銅のトークンをあげるというアイデアを思いつきました。顧客は銅のトークンを獲得して、店のアイテムに交換することができます。絶望と創造力から育てられたすばらしいアイデアと同じように、彼は無意識に今日成長し続けている10億ドル規模の業界の引き金になりました。

Rewards.comでは、銅トークンのハイテク版で忠誠な顧客に報いるこの200年前のアイデアに技術が結びついたと考えています。パブリックブロックチェーン技術の創造により、人々にロイヤルティの力を戻すことで、世界中の業界と顧客の習慣を混乱させ、革命化し、変革する力があると考えています。

顧客は、絶えず変化する償還の価値と例外を伴う無数のロイヤリティプログラムに圧倒されます。商人は、負債の増大、運用コストの上昇、システムの非効率性に苦戦しているため、報酬プログラムの管理に様々な問題を直面しています。すべての問題にもかかわらず、世界の顧客の85%が少なくとも1つの顧客ロイヤルティプログラムに属しているため、ロイヤルティと報酬の業界は年間30%の割合で成長を続けています。これは、世界中で配布される年間報酬ポイントが3,000億ドルを超えることに相当します。

この業界の成長を利用できる従来の報酬プログラムの欠点もなく、全ての利点があるロイヤルティ解決策を想像してみてください。Rewards.comでは、ブロックチェーン技術を使用して革新的な解決策を作成し、大衆顧客マーケットに暗号通貨を導入することで、想像力を実現することができると確信しています。私たちは、暗号通貨の所有と使用の利点について顧客に教育するための簡単な紹介と学習を提供するつもりです。

Rewards.comは、レストラン、トラベル、エンターテインメント、小売店など、1億以上の商品と7,000人の商人を集めたグローバルマーケットを紹介しています。このマーケットプレイスでは、お客様が参加している商人で、RWRDトークンと呼ばれるものを獲得し、交換することができます。この解決策は、暗号通貨のメインストリーム、健全で強力なトークン経済の構築、顧客報酬への真の価値の回復により、この解決策がロイヤリティー仕組みを変えると確信しています。

チーム すべてを見る

Todd Rowan
Todd Rowan
CEO & Co-Founder
Linda Butcher
Linda Butcher
CBDO
Michael Shepherd
Michael Shepherd
VP of Marketing
Reuben Godfrey
Reuben Godfrey
European Operations Manager
Jeremy Rowan
Jeremy Rowan
Community Manager
Pramod Kumar
Pramod Kumar
Full Stack Developer

人気STO/ICO記事

  • ファンディーノ(FUNDINNO)について

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価
  • ノアシティ-分権国家の夢の実現

    新たな分散型経済を支持する人にとっての究極の夢は、ブロックチェーン技術の基本原則にのっとって運営される国家に居住することです。すなわち、民主主義、権力分配と分権、コンセンサスによる意思決定、デジタル自治といった原則です。この夢はノアシティによって現実になろうとしています。ノアプロジェクトは長期にわたって暗号資産市場に存在し続けています。最近、ノアプロジェクトはと提携して、ノアがその構築を目指すエコシステム全体をホストするための新ブロックチェーンの開発を進めています。Platinum Q DAOエンジニアリングが関わる別のプロジェクトが、です。これは分散型ネットワーク上で運営され、その分散型
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規