RewardsToken - ロイヤリティを変える

Rewards.comは、レストラン、トラベル、エンターテインメント、小売店など、1億以上の商品と7,000人の商人を集めたグローバルマーケットを紹介しています。このマーケットプレイスでは、お客様が参加している商人で、RWRDトークンと呼ばれるものを獲得し、交換することができます。この解決策は、暗号通貨のメインストリーム、健全で強力なトークン経済の構築、顧客報酬への真の価値の回復により、この解決策がロイヤリティー仕組みを変えると確信しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
RWRD
最低目標
3,000 ETH
最高目標
75,000 ETH
初回価格
1 RWRD = 0.35 USD
トークン供給数
400,000,000
公式サイトへ Owner of RewardsToken?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, DASH, ETH, LTC
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 2 ETH – 50 ETH, PRE-SALE - 40%
  • 50 ETH – 200 ETH,PRE-SALE - 50%
  • 200 ETH +,PRE-SALE - 60%
  • 2 ETH – 50 ETH, MAIN SALE - 30%
  • 50 ETH – 200 ETH, MAIN SALE - 40%
  • 200 ETH +, MAIN SALE - 50%

概要

1793年地元の商人は、顧客の忠誠を守るために顧客に報酬を与えることで、ビジネスへのトラフィックを増やしたいと考えました。数回試行後、彼は顧客に銅のトークンをあげるというアイデアを思いつきました。顧客は銅のトークンを獲得して、店のアイテムに交換することができます。絶望と創造力から育てられたすばらしいアイデアと同じように、彼は無意識に今日成長し続けている10億ドル規模の業界の引き金になりました。

Rewards.comでは、銅トークンのハイテク版で忠誠な顧客に報いるこの200年前のアイデアに技術が結びついたと考えています。パブリックブロックチェーン技術の創造により、人々にロイヤルティの力を戻すことで、世界中の業界と顧客の習慣を混乱させ、革命化し、変革する力があると考えています。

顧客は、絶えず変化する償還の価値と例外を伴う無数のロイヤリティプログラムに圧倒されます。商人は、負債の増大、運用コストの上昇、システムの非効率性に苦戦しているため、報酬プログラムの管理に様々な問題を直面しています。すべての問題にもかかわらず、世界の顧客の85%が少なくとも1つの顧客ロイヤルティプログラムに属しているため、ロイヤルティと報酬の業界は年間30%の割合で成長を続けています。これは、世界中で配布される年間報酬ポイントが3,000億ドルを超えることに相当します。

この業界の成長を利用できる従来の報酬プログラムの欠点もなく、全ての利点があるロイヤルティ解決策を想像してみてください。Rewards.comでは、ブロックチェーン技術を使用して革新的な解決策を作成し、大衆顧客マーケットに暗号通貨を導入することで、想像力を実現することができると確信しています。私たちは、暗号通貨の所有と使用の利点について顧客に教育するための簡単な紹介と学習を提供するつもりです。

Rewards.comは、レストラン、トラベル、エンターテインメント、小売店など、1億以上の商品と7,000人の商人を集めたグローバルマーケットを紹介しています。このマーケットプレイスでは、お客様が参加している商人で、RWRDトークンと呼ばれるものを獲得し、交換することができます。この解決策は、暗号通貨のメインストリーム、健全で強力なトークン経済の構築、顧客報酬への真の価値の回復により、この解決策がロイヤリティー仕組みを変えると確信しています。

チーム すべてを見る

Todd Rowan
Todd Rowan
CEO & Co-Founder
Linda Butcher
Linda Butcher
CBDO
Michael Shepherd
Michael Shepherd
VP of Marketing
Reuben Godfrey
Reuben Godfrey
European Operations Manager
Jeremy Rowan
Jeremy Rowan
Community Manager
Pramod Kumar
Pramod Kumar
Full Stack Developer

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。