Rentberry - 分散型賃貸住宅プラットフォーム

Rentberryはブロックチェーンとスマートコントラクト技術を使用して長期レンタルのプロセスを合理化し、仲介者の必要をなくし、借り手と家主がすべてのレンタルタスクを1か所で完了できるようにします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BERRY
開始日時
2017-12-05
終了日時
2018-02-28
最低目標
300,000 USD
最高目標
3,000,000 USD
初回価格
1 ETH = 2,500 BERRY
トークン供給数
301,473,027
公式サイトへ Owner of Rentberry?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Rentberryは、長期的な賃貸プラットフォームスペースにおいて前向きな軌道をたどっています。プラットフォームにはすでに120,000人以上のユーザーと224,000件の物件があり、エンジェルと機関投資家から400万ドルの資金を調達しました。 多くのブロックチェーンのスタートアップとは異なり、すでにビジョンとロードマップを超える確立されたビジネスを行っています。

Rentberryは、ブロックチェーンテクノロジを使用してレンタルプロセスをより低コストでより便利で安全にする、分散型の長期レンタルエコシステムです。 借り手よび家主に関する検証済みの情報を含む透明なエコシステムは、当事者間の信頼を促進します。

Rentberryの独自のオークション技術はレンタルプロセスにおける従来的な欲求不満、詐欺率、時間の遅れ、および摩擦のポイントを減らす、借り手と家主の両方に利益をもたらします。

また、Rentberryエコシステムはコミュニティのメンバーが質の高い借りてを支援する能力を提供し、プロセスの何百万ドルもの敷金の凍結を解除します。世界中の住宅のコストと特性は異なりますが、多くの国の居住者は長期賃貸で同じ問題を経験しています。 Rentberryの使命は、国境を越えて居住者に同様に効率的な解決策を提供することです。

オープンで透明な賃貸プラットフォーム

Rentberryは、ブロックチェーンテクノロジを使用して、借り手と家主がすべてのレンタルタスクを1か所で完了できるようにすることで、長期賃貸プロセス全体を合理化します。 タスクは次のとおりです。

  • 物件の検索
  • Rentberryオークションプラットフォームを介するオファー/入札
  • 希望の審査
  • 最適/最適な候補者の選択。
  • 条件の交渉。
  • 敷金の凍結の解除。
  • 電子署名契約。
  • 家賃の支払う。
  • メンテナンス要求の提出
  • 第三者のサービス提供者(例えば、便利屋や配管工)の雇用。 そして
  • 家主が借りてとのつながりの維持。

家主のための利点

家主の利益には、指定された提示価格でプラットフォーム上のすべての物件をリストし、賃貸単位に関する詳細な情報を追加する機能が含まれます。 BERRYトークンを使って、家主はrentberry.comのリスティングを宣伝したり、リーチと認知度を高めるために追加のレンタルサイトにシンジケートしたりできます。 物件宣伝のための手数料は動的になり、同時に物件を宣伝する他の家主の数によって変化します。

すべての賃貸申込書は、ワンクリックで申込書を受け入れるか拒否するかを選択できる、ユーザーフレンドリーなフォマットで集められます。

Rentberryが進化するにつれて、プラットフォームは借り手と家主がレビューを提出することによってお互いを評価することを可能にし、またそれらのレビューとブロックチェーンに保存された賃貸活動の不変の記録を参照して双方がお互いを評価することを可能にします。

プラットフォーム上のすべての支払いはBERRYトークンで実行されます。 家主はBERRYトークンの家賃をシームレスかつ安全に集金ことができます。

借り手のための利点

借り手は、リストされた各物件に関する重要な情報を詳細に分析して、フィルタリングされた結果を表示できます。

借り手は、家主に迷惑をかけたり、機密情報(SSN、パスポート番号、銀行口座情報など)を郵送または電子メールで送ったりせずに、オンラインで申請書を提出することができます。

Rentberryコミュニティ(借り手、家主、友人、または家族)は、BERRYトークンの形での報酬と引き換えに、選択された借り手のための敷金の一部をカバーするためにBERRYトークンを利用することができます。 (敷金の一部に資金を供給したことに対する報酬として、BERRYトークンで支払われる)。

借り手は、ブロックチェーンのキー/ IDを使用して当事者によって署名された適法契約を安全に実行し、その契約をブロックチェーンに不変に保存することができます。

物件が借りられると、借り手は家主に修繕のリクエストを都合よく提出することができます。 すべての要求はシステムに格納され、将来紛争が発生した場合にいつでもアクセスできるようになります。

借り手の個人データ(財務、賃貸履歴、信用格付け、参照、レビューなど)はすべて、ブロックチェーン上で不変に保護されます。

ロードマップ

2019前半

  • 人工知能アルゴリズムの開発を完了し、国際的に有効な借り手と家主スコアをユーザーに提供し始めます。
  • その他の欧州諸国とアジアへの拡大。
  • 多言語サポートの開始。

2019後半

  • ローカルのサードパーティサービスプロバイダ(個人/法人アカウント)にAPI統合を提供する。
  • 地元の信用調査会社や不動産会社と提携。
  • 米国内のすべてのマルチリスティングサービス(MLS)とのAPI統合。
  • 南アメリカとアフリカへの拡大。

2020前半

  • プラットフォームを介してBERRYトークンで地方公共料金を支払う機能の提供を開始する。
  • ブロックチェーンスマートロック技術の開発。

ニュース

2018年11月15日、英国拡大のため、OnTheMarket(英国の不動産検索プラットフォーム)と提携

2018年5月8日、RoomDaoと提携

チーム すべてを見る

Alex Lubinsky
Alex Lubinsky
СEO
Lily Ostapchuk
Lily Ostapchuk
CPO
Aleksey Perfilov
Aleksey Perfilov
CTO
Serge Gritsenko
Serge Gritsenko
Chief Operating Officer
Denis Golubovsky
Denis Golubovsky
Blockchain Developer
Eugene Terentev
Eugene Terentev
Blockchain Developer

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である