RENC - P2Pクルマシェアプラットフォーム

RENCは誰でもどこでも、いつでも参加できるオープンソースのP2Pカーシェアリングサービスプラットフォームです。 RENCのP2P共有およびブロックチェーンプロジェクトは、共有可能な車両への関心から始まり、モバイルプラットフォーム上で互いにリソースを共有することができます。 P2Pカー・シェアリングは、お互いの利益の合意を共有することに基づいて、経済的および環境的問題から世界の解決策を提供します。 RENCグループの目標は、人類の相互の成長に貢献することです。 RENCトークンは、セキュリティのエコシステム全体を強化し、消費者とプロバイダ、中小企業の顧客、個人の消費者、企業や投資家の双方にとって、共有コミュニティに参加するインセンティブ参加を与えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
RENC
開始日時
2018-09-25
終了日時
2018-10-15
最低目標
5,000 ETH
最高目標
15,000 ETH
初回価格
1 RENC = 0.001 ETH
トークン供給数
60,000,000
公式サイトへ Owner of RENC?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Marketing & PR Private Sale - 50%
  • 1st Pre-Sale - 25%
  • 2nd Pre-Sale - 10%
  • Crowd Sale - 5%

概要

RentalCurrency(RENC)Coin は、消費者の生活を改善することによってサー ビスを提供できるレンタルサー ビスを開発しているソウルとシンガポー ルにある専門的なブロックチェー ンの研究コミュニティグルー プです。誰もが信用できる信用できる通貨をつくるために絶えずアップグレー ドしています。このようなブロックチェー ンプラットフォー ムは、基本的にイー サリウムブロックチェー ン技術に基づいており、スマー トコントラクト機能は、基本的に、様々な消費者の消費パター ンやトランザクション、および堅牢なプログラミング言語に従って安定性を確保するように構成されています。

RENC は、分散型のブロックチェー ン型 e ウォレットと暗号通貨取引サー ビスを通じて、安定した為替レー トを持つことができ、保管、使用、取引が可能です。RENC は、RENC 暗号通貨の資産を抽出して取引する専門家でも非専門家でも、世界中のすべてのレンタルサー ビス取引を促進し、資産価値を累積し、いつでもどこでも配布できる利便性と便益を提供します。

RentalCurrency プラットフォー ムは、すべてのユー ザー に相互利益のグロー バルな分散型ネットワー クを構築し、提供し、シンプルさ、セキュリティ、コスト削減、スピー ド、および信頼性が重要です。達成するためにこの目標は、RENC 暗号通貨プラットフォームは、設計時から安全なウォレット、統一取引システム、および安定した為替レートを維持するために市場に関心を持つすべての人が使用するすべてのソースを開きます。これらの RENC 暗号通貨の信頼を構築することが最も重要です。以下の計画を通して、プラットフォームの構造や使用規則など、システムの本質的な特徴を説明したいと考えています。また、プラットフォームの将来を見て、予定されている追加の機能や特長、さらには革新的な技術の潜在的な利点を見ていきます。

チーム すべてを見る

June Lee - JongJun Lee
June Lee - JongJun Lee
CEO & RENC Founder AmazonCar Deloitte consulting
YoungHeon Kim
YoungHeon Kim
CTO / Architect Lead Deloitte Comsulting IBM
SeungGyu Choi
SeungGyu Choi
CFO Induk Accounting corporationPh.D MIS / CISA, DACOM
Lucas Kang - InSeok Kang
Lucas Kang - InSeok Kang
CTO / Top Engineer Lead HahmShout R&D Manager Shilla Hotel Internet Duty free shop Lotte.com
Brian Jeon- SungChul Jeon
Brian Jeon- SungChul Jeon
COO / Project Manager / Singapore POSCO, DAEWOO Lotto Korea
HyungPyo Kwon
HyungPyo Kwon
R&D Executive LKFarm CEO DreamLine, DACOM

人気STO/ICO記事

  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ
  • ファンディーノ(FUNDINNO)について

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規