HireGo - 分散された車両共有プラットフォーム

カーシェアリングは、高価な購入および保守費用の負担なしに、利便性と自動車所有の自由を提供します。HireGo分散プラットフォームにより、車の利用と共有がこれまで以上にアクセスしやすく、安全で便利になります。HireGoはEthereum testnet上で初の車レンタル可能なDApp MVPを作成し、標準を確立しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HGO
開始日時
2018-05-01
終了日時
2018-08-14
最低目標
1,500 ETH
最高目標
15,000 ETH
初回価格
1 ETH = 4000 HGO
トークン供給数
60,000,000
公式サイトへ Owner of HireGo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    個人からかりるもしくはカーシェアリングを利用する人が増えるから、車を所有する人が減少しています。 この傾向は、政府の規制、人口動態の変化、費用などの要因によって引き続き上昇することが予想されます。    急速に分散されている世界では、既存の集中管理サービスを動揺させ、ユーザー指向の選択肢を作り出す強い動機があります。

    ブロックチェーンを活用して信頼する必要のない分散型レンタルプラットフォームを構築することで、HireGoは既存のソリューションの欠点を克服することを目指しています。

    • 高い取引手数料。 既存の集中型プラットフォームは最大35%
    • データの一元管理とデータのプーリングは、データ盗難の対象となります
    • ユーザーデータとレビューの独占

    私たちの目標は、分散型のレンタカーや車の共有への移行をスピードアップし、シームレスなユーザーエクスペリエンスを可能にすることです。

    チーム すべてを見る

    Bobby Tomkins
    Bobby Tomkins
    ICO and Investment Advisor
    Ali Ayyash
    Ali Ayyash
    Block Chain Advisor
    Dr. Vimal Gahlot
    Dr. Vimal Gahlot
    Urban Transport Expert
    Esther Carrión
    Esther Carrión
    Sharing Economy Advisor
    Luqman Hussain
    Luqman Hussain
    Co Founder / Blockchain Expert
    Adil Bashir
    Adil Bashir
    Co Founder / Industry Analyst

    人気STO/ICO記事

    • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

      仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
    • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

      国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
    • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

      警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。