HireGo - 分散された車両共有プラットフォーム

カーシェアリングは、高価な購入および保守費用の負担なしに、利便性と自動車所有の自由を提供します。HireGo分散プラットフォームにより、車の利用と共有がこれまで以上にアクセスしやすく、安全で便利になります。HireGoはEthereum testnet上で初の車レンタル可能なDApp MVPを作成し、標準を確立しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HGO
開始日時
2018-05-01
終了日時
2018-08-14
最低目標
1,500 ETH
最高目標
15,000 ETH
初回価格
1 ETH = 4000 HGO
トークン供給数
60,000,000
公式サイトへ Owner of HireGo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    個人からかりるもしくはカーシェアリングを利用する人が増えるから、車を所有する人が減少しています。 この傾向は、政府の規制、人口動態の変化、費用などの要因によって引き続き上昇することが予想されます。    急速に分散されている世界では、既存の集中管理サービスを動揺させ、ユーザー指向の選択肢を作り出す強い動機があります。

    ブロックチェーンを活用して信頼する必要のない分散型レンタルプラットフォームを構築することで、HireGoは既存のソリューションの欠点を克服することを目指しています。

    • 高い取引手数料。 既存の集中型プラットフォームは最大35%
    • データの一元管理とデータのプーリングは、データ盗難の対象となります
    • ユーザーデータとレビューの独占

    私たちの目標は、分散型のレンタカーや車の共有への移行をスピードアップし、シームレスなユーザーエクスペリエンスを可能にすることです。

    チーム すべてを見る

    Bobby Tomkins
    Bobby Tomkins
    ICO and Investment Advisor
    Ali Ayyash
    Ali Ayyash
    Block Chain Advisor
    Dr. Vimal Gahlot
    Dr. Vimal Gahlot
    Urban Transport Expert
    Esther Carrión
    Esther Carrión
    Sharing Economy Advisor
    Luqman Hussain
    Luqman Hussain
    Co Founder / Blockchain Expert
    Adil Bashir
    Adil Bashir
    Co Founder / Industry Analyst

    人気STO/ICO記事

    • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

      トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
    • QtumがCoinCheckで取引可能に

      国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
    • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

      ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )