Remco - 送金のための分散トークン生成プラットフォーム

REMCOブロックチェインソリューションは、免許を有する送金業者向けに設計された比類のないスピードのトークン化送金プラットフォームです。REMCOのテクノロジープラットフォームは、送金業者、代理店、顧客に、実績のあるすぐに使える元帳ソリューションを提供し、思考の速さでお金を動かすことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
REMCO
開始日時
2018-11-01
終了日時
2018-11-30
最低目標
6,000,000 USD
最高目標
60,000,000 USD
初回価格
1 REMCO = 0.08 USD
トークン供給数
1,300,000,000
公式サイトへ Owner of Remco?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Private Sale - 50%
  • Presale - 35%

概要

REMCO送金トークンは、携帯電話が2人の人を結ぶ方法と同様に、送金者と受取人をつなぎます。 REMCOのプラットフォームは、速度、コンプライアンス、透明性を考慮して設計した革新的なオープンソースプラットフォーム上で送金企業が世界各地で独自のトークンをカスタマイズできるようにするインフラストラクチャ、パイプを提供します。REMCO送金トークンは、世界中の送金会社が独自のトークンを作成してカスタマイズできるオープンソースプラットフォームを備えた革命的な送金転送トークンを使用します。

チーム すべてを見る

Peter Ojo
Peter Ojo
CEO/CTO
Joel Patenaude
Joel Patenaude
COO
Catherine Berruer
Catherine Berruer
Vice President
George Oluwaboro
George Oluwaboro
CAP, VP Finance
Olufunmilayo Ojo
Olufunmilayo Ojo
Director of Operations Africa
Dr. Moses Asom
Dr. Moses Asom
CEO of SyChip, Inc

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・