Redpill - 将来の通貨

Red Pillはオンラインコミュニティを充実させるための通貨です。 Red Pillはさまざまな目的に使用できます。 コミュニティは、例えば、Red Pillを使用して、特定のマイルストーン(例:フォーラムで一定数の投稿を行うこと)からそれらのメンバーに報酬を与えること、または彼らの貢献に対しての報酬や、製品やサービスの購読者に報酬を与えるためにも使用できます。 さらに、Red Pillは大きな情報を得ています。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
RPIL
最低目標
500,000 USD
最高目標
6,000,000 USD
初回価格
1 RPIL = 0.20 USD
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of Redpill?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Private Sale  April 5th 2018 -April 20th 2018 - 75%
  • Pre-Sale Chart  April 21th 2018 - May 10th 2018 - 25%
  • ICO Chart  May 11th 2018 - June 10th 2018 - N/A

概要

21世紀には、仮想世界への移行が顕著に増加しています。人間の興味の移り変わりは早く、「リアル飛行機」と呼ばれています。金融サービスの分野は、金融取引を処理する手段としての仮想通貨の出現によって見られるように、この革命のメインです。

すべての財務業務は、あるエンティティから別のエンティティへの価値移転によって特徴付けられます。有効とみなされる金融取引については、価値移転の認証と認証するための手段が必要です。暗号通貨を含む金融取引の場合、これはブロックチェーンを使用して実現されます。すべての暗号通貨はブロックチェーンを利用しており、BitcoinとEthereumのブロックチェーンが最も普及しています。

Red Pillisは、何百万人もの人々によって使用されているEthereumブロックチェーン上に構築されています。これにより、Red Pill暗号化のための強力なネットワーク整合性が提供されます。 Red Pillのユーザーには、Ethereumによって提供されるいくつかの異なるデジタルウォレットとサポートサービスがあります。

チーム すべてを見る

Sumit Kumar
Sumit Kumar
Community Manager
Ali Haider
Ali Haider
Blockchain Developer
Raghvendra Sharma
Raghvendra Sharma
Brand Manager
Saurabh Sharma
Saurabh Sharma
Blockchain Developer
Manoj Sharwa
Manoj Sharwa
General Developer
Jyoti Charora
Jyoti Charora
Social Media Strategist

人気STO/ICO記事

  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本