Redpill - 将来の通貨

Red Pillはオンラインコミュニティを充実させるための通貨です。 Red Pillはさまざまな目的に使用できます。 コミュニティは、例えば、Red Pillを使用して、特定のマイルストーン(例:フォーラムで一定数の投稿を行うこと)からそれらのメンバーに報酬を与えること、または彼らの貢献に対しての報酬や、製品やサービスの購読者に報酬を与えるためにも使用できます。 さらに、Red Pillは大きな情報を得ています。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
RPIL
最低目標
500,000 USD
最高目標
6,000,000 USD
初回価格
1 RPIL = 0.20 USD
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of Redpill?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Private Sale  April 5th 2018 -April 20th 2018 - 75%
  • Pre-Sale Chart  April 21th 2018 - May 10th 2018 - 25%
  • ICO Chart  May 11th 2018 - June 10th 2018 - N/A

概要

21世紀には、仮想世界への移行が顕著に増加しています。人間の興味の移り変わりは早く、「リアル飛行機」と呼ばれています。金融サービスの分野は、金融取引を処理する手段としての仮想通貨の出現によって見られるように、この革命のメインです。

すべての財務業務は、あるエンティティから別のエンティティへの価値移転によって特徴付けられます。有効とみなされる金融取引については、価値移転の認証と認証するための手段が必要です。暗号通貨を含む金融取引の場合、これはブロックチェーンを使用して実現されます。すべての暗号通貨はブロックチェーンを利用しており、BitcoinとEthereumのブロックチェーンが最も普及しています。

Red Pillisは、何百万人もの人々によって使用されているEthereumブロックチェーン上に構築されています。これにより、Red Pill暗号化のための強力なネットワーク整合性が提供されます。 Red Pillのユーザーには、Ethereumによって提供されるいくつかの異なるデジタルウォレットとサポートサービスがあります。

チーム すべてを見る

Sumit Kumar
Sumit Kumar
Community Manager
Ali Haider
Ali Haider
Blockchain Developer
Raghvendra Sharma
Raghvendra Sharma
Brand Manager
Saurabh Sharma
Saurabh Sharma
Blockchain Developer
Manoj Sharwa
Manoj Sharwa
General Developer
Jyoti Charora
Jyoti Charora
Social Media Strategist

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー