Properbuz - グローバル不動産市場とソーシャルネットワーク

Properbuzは不動産業界の無料のグローバル不動産市場とソーシャルネットワークで、不動産購入者や賃貸住居人がニーズに合った理想的なマッチングを見つけることができ、すでに15カ国語で、50カ国以上で利用可能です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
XPZ
開始日時
2018-05-24
終了日時
2018-10-31
初回価格
1 XPZ = 0.01 EUR
トークン供給数
40,000,000,000
公式サイトへ Owner of Properbuz?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Properbuzは不動産業界の無料のグローバル不動産市場とソーシャルネットワークで、不動産購入者や賃貸入居者がニーズに合った理想的なマッチングを見つけることができ、すでに15カ国語で、50カ国以上で利用可能です。 ProperbuzはBebuzeeを中心としたいくつかの接続されたプラットフォームの1つです。

Properbuzは、他の可能性、よりプライバシー、信頼性の高いサービス、不動産業界のセキュリティ強化などを提供するブロックチェーンベースの分散型プロトコルを開発することにより、217兆ドルのグローバル不動産市場を分散させることを目指しています。

現在の不動産モデルはむしろ混乱しており、複数のエンティティが独自のデータベースを維持しており、システムの性質が異なるためにデータの共有が非常に困難になる可能性があります。しかし、ブロックチェーンは利害関係者の間で単一の共有元帳として機能することができるため、各エンティティが管理する別々のシステムを管理する複雑さを軽減することで、このモデルを単純化できます。

不動産会社が直面する主な問題は、不動産取引プロセスが完了するまでに時間がかかることです。依然として多くの手作業が必要であり、操作には透明性がなく、仲介者とのやりとりに多くの時間と費用がかかります。

Properbuzブロックチェイン技術は、プロセスを簡素化し、容易にすることができます。これは、セキュリティ、透明性、時間、契約上のコストなどの不動産に関する問題の解決策になります。また、それは以下の5つの方法で不動産を変えるでしょう:Disintermediation、詐欺防止、お金、時間節約、P2P。

チーム すべてを見る

Joseph Onyero
Joseph Onyero
CEO
Claudia Spagnuolo
Claudia Spagnuolo
CMO
Dave Berkus
Dave Berkus
Chairman of Advisory Board
Count Erik Wachtmeister
Count Erik Wachtmeister
Member of Advisory Board
William Bill Davis III
William Bill Davis III
Member of Advisory Board
Richard Siegel
Richard Siegel
Member of Advisory Board

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常