Pointium - ブロックチェーン基盤のポイント管理 & ロイヤルティ・プログラムのプラットフォーム

数えきれないの企業のポイント制度に圧倒され、私たちはポイントをきちんと活用できなくなりました。 これは使用者に直接的な資産損害を、企業には低い成果のロイヤルティ・プログラムと負債の増加をもたらしました。Pointiumはブロックチェーンの技術で上問題点を解決しています。最も低い手数料と最も安全な方法で、Pointiumは、企業のポイントをPointiumトークンに統合し、ロイヤルティ・プログラムを一度に提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PNT
開始日時
2018-04-01
終了日時
2018-04-29
最低目標
5,000,000 PNT
最高目標
56,000,000 PNT
初回価格
1 ETH = 85,000 PNT
トークン供給数
56,000,000
公式サイトへ Owner of Pointium?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

あなたの利益

ユーザー

簡単なポイント管理

Pointium Walletを通じて多くの企業のポイントを一度に管理し、統合することができます。

神速はプロモーション確認

Promotion Feedで誰より神速に、関心企業の特価プロモーションを確認することができます。

多様なポイントの活用

使用者はPointium Shopで関心企業の商品を手軽に購入でき、各企業のポイントをPointiumトークンに両替して活用することもできます。

ビジネス

さらに多くのお客様とのつながり

Pointiumの提携会社は手軽にPointiumの使用者に商品を売り、広報することができます。

さらに高い成果のロイヤルティ・プログラム

Promotion Feed及びPointium Shopを利用して、提携企業は潜在顧客のロイヤルティをさらに大幅に引き出すことができます。

効果的な負債削減

各提携会社たちはPointiumの両替モデルを活用して効果的に負債を減少させることができます。

チーム

Robert Peck
Robert Peck
CEO & Co-founder
Patrick Frasier
Patrick Frasier
COO & Co-Founder
Stanislav Abramov
Stanislav Abramov
CTO & Co-Founder
Eric Clarke
Eric Clarke
CMO

人気STO/ICO記事

  • 2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%

    中国メディアIPRdailyは最近2019年、上半期の世界ブロックチェーン関連の「特許申請企業ランキング100」を発表した。2019年は2018年の特許申請数をはるかに上回っている。報道によると、特許申請の数が一番多かった企業は中国企業の「アリババ」で合わせて322件を申請していた。次は中国の保険会社「平安」が274件(2位)、その次はアンティグア・バーブーダ(カリブ海東部に位置する島国)のブロックチェーン企業「nChain」が241件(3位)だった。※資料: マスターカード 79件(10位) マイクロソフト 35件(22位)一方で日本企業は NEC 18件(46位) SONY
  • ビットコインのアルゴリズム(PoW)の生みの親、Adam氏「BTCはいずれ5万ドルを超える」と主張

    仮想通貨メディアNEWSBTCによると、「Blockstream」のCEOでビットコイン(BTC)の重要技術であるコンセンサス・アルゴリズム「Proof of Work (以下、PoW)」の生みの親として知られているAdam Backが「ビットコインはいずれ5万ドル(約540万円)を超える」と主張した。Adamは9月7日ツイッターを通じ、「2020年の半減期(halvening)、地政学的な不確実性(geopolitical uncertainty)、15兆ドル規模のマイナス金利で発行された債権、現代貨幣理論(MMT:Modern Monetary Theory)などを総合すると、BTCの価格
  • 人口、約6万人のマーシャル諸島が独自の仮想通貨を発行か・・通貨名はSOV

    太平洋に位置する人口、約6万人の島国マーシャル諸島共和国が独自の仮想通貨を発行すると発表した。12日、ブルームバーグ通信によると、マーシャル諸島共和国の環境大臣であるデイビッド・ポール大臣は11日、シンガポールで開かれた仮想通貨カンファランスで「ブロックチェーン技術を用いたマーシャル諸島の独自の仮想通貨「マーシャルソブリン(SOV)」の発行を推進していることを明らかにした。現在、マーシャル諸島は自国の通貨がなく、米国のドルを法定通貨として使っている。ポール大臣は米国の経済依存度を減らす適切な時期であると判断したと述べた。また、マーシャル諸島の国民は最初に発行されるSOVの10%を、平等にもらえ