Pointium - ブロックチェーン基盤のポイント管理 & ロイヤルティ・プログラムのプラットフォーム

数えきれないの企業のポイント制度に圧倒され、私たちはポイントをきちんと活用できなくなりました。 これは使用者に直接的な資産損害を、企業には低い成果のロイヤルティ・プログラムと負債の増加をもたらしました。Pointiumはブロックチェーンの技術で上問題点を解決しています。最も低い手数料と最も安全な方法で、Pointiumは、企業のポイントをPointiumトークンに統合し、ロイヤルティ・プログラムを一度に提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PNT
開始日時
2018-04-01
終了日時
2018-04-29
最低目標
5,000,000 PNT
最高目標
56,000,000 PNT
初回価格
1 ETH = 85,000 PNT
トークン供給数
56,000,000
公式サイトへ Owner of Pointium?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

あなたの利益

ユーザー

簡単なポイント管理

Pointium Walletを通じて多くの企業のポイントを一度に管理し、統合することができます。

神速はプロモーション確認

Promotion Feedで誰より神速に、関心企業の特価プロモーションを確認することができます。

多様なポイントの活用

使用者はPointium Shopで関心企業の商品を手軽に購入でき、各企業のポイントをPointiumトークンに両替して活用することもできます。

ビジネス

さらに多くのお客様とのつながり

Pointiumの提携会社は手軽にPointiumの使用者に商品を売り、広報することができます。

さらに高い成果のロイヤルティ・プログラム

Promotion Feed及びPointium Shopを利用して、提携企業は潜在顧客のロイヤルティをさらに大幅に引き出すことができます。

効果的な負債削減

各提携会社たちはPointiumの両替モデルを活用して効果的に負債を減少させることができます。

チーム

Robert Peck
Robert Peck
CEO & Co-founder
Patrick Frasier
Patrick Frasier
COO & Co-Founder
Stanislav Abramov
Stanislav Abramov
CTO & Co-Founder
Eric Clarke
Eric Clarke
CMO

人気STO/ICO記事

  • 【お知らせ】コインポイン公式キャラクターにあの人が就任!

    コインポインから嬉しいお知らせです!既にコイン相場内のバナーで、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、なんと、コインポインの公式キャラクターにお金の妖精ことポインさんに就任いただく運びとなりました!暗号資産(=仮想通貨)の業界で知らない人はいない有名人、最近では雑誌やテレビでも人気者の、あのポインさんです!運営サイト:そして、今回公式キャラクターに就任いただいサービスがこちら!です。簡単にご紹介しますと、は、普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をこのサイト経由で利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。「始めて聞いたゾ〜」という方は、下記の記事をご
  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー