PlayChip - ユニバーサルゲームトークン

PlayChipは、世界初の完全統合、ブロックチェーン対応のグローバルファンタジースポーツ、オンラインスポーツ賭博、ゲームエコシステムを提供します。 そのエコシステムを支えているPlayChipユーティリティトークンは、ゲームや賭博の普遍的な支払いと報酬システムとして使用するために設計された、イーサリアムブロックチェーン上に構築されたゲームトークンです。PlayChipは既存のパートナープラットフォームの分散化を促進し、スポーツファンがその場所に関係なく、接続し、競争し、収集することを可能にする基盤を形成します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PLA
開始日時
2018-06-01
終了日時
2018-11-28
調達金額
4,000,000,000 PLA
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
90,000,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
3,750,000,000
公式サイトへ Owner of PlayChip?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, Fiat
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 30%
  • ICO - 10%

概要

PlayChip(PLA)は、PlayChipエコシステムの通貨として機能する分散ユーティリティトークンです。 PlayChipsの目標は、ゲーム業界の普遍的なゲームトークンと最高の通貨になることです。 PlayUpストアに報酬ポイントとして賭けをしてチャレンジを入力するために使用することができます。また、パートナ交換を通じて、他の法定通貨や他の仮想通貨と交換することもできます。

チーム すべてを見る

Daniel Simic
Daniel Simic
CEO
Richard Sapsford
Richard Sapsford
DIRECTOR (NON-EXECUTIVE)
Michael Costa
Michael Costa
CTO
Prashant Arora
Prashant Arora
CFO
Ryan Bowman
Ryan Bowman
CMO
Chris Trengrove
Chris Trengrove
DIGITAL DESIGNER

人気STO/ICO記事

  • 【7/16】世界ニュースまとめ - BinanceがKRWベースのステーブルコイン発行可能性、Bitmain社、マイニングマシンのメンテナンス認定コースを正式にリリースなど

    ブロックチェーンメディアCoindesk Koreaが世界最大暗号資産取引所バイナンスが正式に韓国市場に進出する予定であると16日報道した。また、この報道と同時に、韓国現地通貨であるウォンでのステーブルコインの発行も予想されると報じた。同メディアによるとバイナンスは「Binance LLC」という商号で5月16日、韓国で登記を済ませた。Binance LLCの理事はブロックチェーンフィンテック企業の(BXB Inc.)のカン・ジホ氏でBXB社は韓国で最初にステーブルコインを発行した企業。こういった背景のある企業との協業が予想されることやバイナンスのCFOが以前、ほかの法定通貨と連動されたステー
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・