Online - インターネットを変える

オンライン(OIO)トークンは広告、マルウェアやトラッキングソフトウェアで、インターネットを活用して、より楽しく安全なナビゲーション体験を提供し、Web運営者とエンドユーザーの両方にかなりの利益をもたらす独自のデジタル資産です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
OIO
開始日時
2018-06-15
終了日時
2018-07-31
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
50,000,000 USD
初回価格
1 OIO = 0.04 USD
トークン供給数
1,750,000,000
公式サイトへ Owner of Online?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    広告なし

    現在のWebユーザーは、インターネット閲覧サービスを利用するために、サブスクリプションとか不透明な手数料のような費用を支払っています。私たちが計画しているブラウジング環境は、Webユーザーが広告なしのインターネットを楽しむことができるようにしながら、も一方で、Web管理者がまだ財政の報酬の利益を享受できるようになります。

    追跡なし

    今日のような相互接続された社会の中で、企業は私益追求のためにユーザーのオンライン利用の追跡および行動プロファイリングなどのより不透明な方法を採用しました。金融と健康の記録のような非常に敏感な情報が収集され、個人情報保護への懸念は、日々増えています。私たちのソリューションには、Webユーザーの活動のリアルタイム追跡を大きく妨害するトラッキングスクリプト遮断機能が統合されています。

    ウイルス対策

    インターネットの膨大な拡張と高い接続性により、敏感かつ機密な情報を収集することを目的とするサイバー攻撃がますます増加している傾向があります。サイバー攻撃の最も一般的な手法の一つは、Webユーザーがマルウェアスクリプトが隠された感染のウェブサイトを訪問することです。私たちのソリューションは、個人データを保護し、セキュリティを強化することができるカスタマイズされたアンチマルウェア対策と広告ブロック、スクリプトを使用し、これにより、最終的なWebユーザーを保護します。

    迅速な閲覧

    人々はオンライン広告が閲覧速度を遅らせることを知っています。そのため、インターネットをよりすばやく閲覧するための広告ブロッカーを使用しているユーザーの数が日々増加しています。私たちのソリューションにより、エンドユーザーは、広告ブロッカーを使用するのと同じ効果を得るとともに、より安全で個人的なブラウジング体験を享受することができます。また、Web運営者は、ウェブサイトのコンテンツでお金を稼ぐことができます。

    ブラウザ拡張

    私たちのソリューションは、すべての主要なデスクトップおよびモバイルブラウザを拡張し、広告ブロッカー、スクリプトブレーカ、マルウェア対策ツールやWeb財布が含まれています。また、このソリューションにはインターネットを管理するのに役立ち投票システムを統合することです。

    モバイルアプリケーション

    私たちのモバイルアプリケーションは、財布、広告ブロッカー、スクリプトブレーカおよびマルウェアの追跡機能を実行する役割をします。モバイルアプリは、検索と使用環境を向上させるパフォーマンスとバッテリー時間強化機能も含まれます。

    イーサリアムベース

    私たちのソリューションは、イーサリアムプラットフォームの標準となるERC20トークンを使用して、完全な透明性と信頼性を確保いたします。つまり、すべての取引はパブリックブロックチェーンに表示されるように設計されています。

    ウォレット

    私たちの財布は、すべての主要なオペレーティングシステムとブラウザで動作します。携帯電話とタブレットにはウォレット、広告ブロッカー、トラックのスクリプトは、アンチマルウェア用途の一つのアプリを備えるものであり、デスクトップOSの場合にも、専用アプリ財布を備えるとなります。

    販売

    売り手はshopify、prestashop、opencart、magentoなどのような、最も広く使用される電子商取引のソフトウェアソリューションのAPIや事前の​​モジュールを使用して私たちのシステムを介して、仮想通貨の支払いを受け入れることができます。

    マーケットプレイス

    当社のウェブサイトには、私達が独自に開発した販売システムを使用して、購入することができるすべての場所を見つける機能を注目するセクションがあります。また、このマーケットプレイスは他の売り手が私達の販売システムをどのように統合することができたのかについての詳細な情報もあります。また、国際的なパートナーグループに関する情報も利用可能です。

    チーム すべてを見る

    Alexandru  Iulian Florea
    Alexandru Iulian Florea
    CEO & Founder
    Alexandru Eftimie
    Alexandru Eftimie
    Chief Technology Officer
    Sebastian Dracopol
    Sebastian Dracopol
    Development Manager
    Rostyslav Bortman
    Rostyslav Bortman
    Ethereum Developer
    Roman Korzh
    Roman Korzh
    Business Development Consultant
    Andrew Mikhailov
    Andrew Mikhailov
    Data Scientist

    人気STO/ICO記事

    • 【中級・上級者向け】仮想通貨トレードの機会損失を防ぐ「Proアラート」リリース

      仮想通貨アプリ・コイン相場がついに有料会員制度・プレミアム会員をリリースしました!その中でも一番の目玉の機能はです。Proアラートとは、簡単にいうと価格アラートの上位互換版です。これまでの価格変動アラートに加えて、やを、コイン相場のPUSH通知でユーザーの皆様にお知らせする機能です。常にチャートに張り付いてトレードをしている方でも、多くの通貨ペアを同時に追い続けるの、苦しく無いですか?その点、Proアラートでは対応している取引所の全ての通貨ペアの分析をし、重要な局面の時だけ、ユーザーに教えてくれます。Proアラートがあれば、、、これで、これまで取りこぼしていたチャンスも、拾うことができた
    • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

      韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
    • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

      2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、