Honeybox - インターネットを永遠に変える

Honeyboxは家庭内のルータに接続してインターネットに接続されたすべてのデバイスから広告や追跡システムを削除し、支払いやサービス転送を認証する完全なハードウェアプロジェクトです。私たちがいま知っているように、インターネットは、人の操作、身分、見ているもの、認識または同意なしに関連付ける人物の追跡と監視を行う隠されたサービスを中心に構築されています。Honeyboxは、あなたとあなたのインターネット接続へのアクセス権を持っている人を制御する自由を与えるだけでなく、インターネットを閲覧するための報酬も与えられることによってそれを変えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HNY
開始日時
2019-01-16
終了日時
2019-02-13
最低目標
500,000 USD
最高目標
10,000,000 USD
初回価格
1 HNY = 0.05 USD
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of Honeybox?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームStellar
タイプStellar
参加可能通貨BTC, ETH, XLM
供給率20%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちはあなたのインターネットを守るための使命を果たします。 Honeyboxは完全なオンラインプライバシー、より速いインターネットスピードを提供し、ウェブの閲覧に報酬を与えます。

Honeyboxを使用することにより、すべてのユーザーは、Honeyboxの使用量に基づいて、マイニングと同様の形で暗号トークンを受け取ります。 Honeyboxに接続しているプロモーションパートナーを通じて、ユーザーはトークンも受け取ることができます。

Honeyboxは、携帯電話からスマートテレビまで、インターネットに接続されたすべてのデバイスで動作します。 家にあるすべてのデバイスのためのハニーボックスは1個だけ。

Honeyboxは、仮想通貨を使ってトークンを受け取り、オンラインサービスを購入する認証システムとして利用することができます。 あなたがサービスを購入する必要があるたびに財布を取り出す必要はなくなりますが、ハニーボックスは財布や身分証明書に接続されたオーセンティケーターです。

チーム すべてを見る

Bryant Maroney
Bryant Maroney
THE CREATOR OF HONEYBOX
Dan Ramirez
Dan Ramirez
Advisor & Strategist
Lano Williams
Lano Williams
Attorney
Ohad Flinker
Ohad Flinker
Marketing Advisor
Danny Christ
Danny Christ
CEOMoonwhale Blockchain Ventures
Stephan Bergstrom
Stephan Bergstrom
ChairmanMoonwhale Blockchain Ventures

人気STO/ICO記事

  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・