Honeybox - インターネットを永遠に変える

Honeyboxは家庭内のルータに接続してインターネットに接続されたすべてのデバイスから広告や追跡システムを削除し、支払いやサービス転送を認証する完全なハードウェアプロジェクトです。私たちがいま知っているように、インターネットは、人の操作、身分、見ているもの、認識または同意なしに関連付ける人物の追跡と監視を行う隠されたサービスを中心に構築されています。Honeyboxは、あなたとあなたのインターネット接続へのアクセス権を持っている人を制御する自由を与えるだけでなく、インターネットを閲覧するための報酬も与えられることによってそれを変えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HNY
開始日時
2019-01-16
終了日時
2019-02-13
最低目標
500,000 USD
最高目標
10,000,000 USD
初回価格
1 HNY = 0.05 USD
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of Honeybox?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームStellar
タイプStellar
参加可能通貨BTC, ETH, XLM
供給率20%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちはあなたのインターネットを守るための使命を果たします。 Honeyboxは完全なオンラインプライバシー、より速いインターネットスピードを提供し、ウェブの閲覧に報酬を与えます。

Honeyboxを使用することにより、すべてのユーザーは、Honeyboxの使用量に基づいて、マイニングと同様の形で暗号トークンを受け取ります。 Honeyboxに接続しているプロモーションパートナーを通じて、ユーザーはトークンも受け取ることができます。

Honeyboxは、携帯電話からスマートテレビまで、インターネットに接続されたすべてのデバイスで動作します。 家にあるすべてのデバイスのためのハニーボックスは1個だけ。

Honeyboxは、仮想通貨を使ってトークンを受け取り、オンラインサービスを購入する認証システムとして利用することができます。 あなたがサービスを購入する必要があるたびに財布を取り出す必要はなくなりますが、ハニーボックスは財布や身分証明書に接続されたオーセンティケーターです。

チーム すべてを見る

Bryant Maroney
Bryant Maroney
THE CREATOR OF HONEYBOX
Dan Ramirez
Dan Ramirez
Advisor & Strategist
Lano Williams
Lano Williams
Attorney
Ohad Flinker
Ohad Flinker
Marketing Advisor
Danny Christ
Danny Christ
CEOMoonwhale Blockchain Ventures
Stephan Bergstrom
Stephan Bergstrom
ChairmanMoonwhale Blockchain Ventures

人気STO/ICO記事

  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )