Olamは、グローバルなサプライチェーン業界全体のコミュニケーションを効率化化するために設計された革新的なオープンソースプラットフォームおよびプロトコルです。国際貿易の最大手(Visa、Kühne+ Nagel、Swissport、Lufthansaなど)と協力して、国際物流、サプライチェーン管理、ブロックチェーン技術のベテランであるOlam Foundationによって構築された基盤規格。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
OLM
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
40,000,000 USD
初回価格
1 OLM = 0.1 USD
トークン供給数
606,500,000
公式サイトへ Owner of Olam?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, Fiat
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Olamプラットフォームでは、ロジスティック過程に携わる企業が、ビジネス開発をサポートする効果的なソリューションで、今日の業界の課題に対応するのに役立つ実用的なツールを作成しています。 Olamは、標準のオープンソースプラットフォームを使用して、時代遅れのメカニズムと手順の置き換えによって物流世界の混乱を解決することを目指しています。このプラットフォームにより、サプライチェーンのさまざまなプレイヤーは、信頼性、透明性でビジネスを容易に接続し、コミュニケーションし、発展させることができます。

一度実装すると、Olamプラットフォームは、インターネットが離陸するために必要なTCP / IP標準プロトコルのような、サプライチェーン内のすべてのロジスティクス活動とサービスの標準的な選択肢になります。プラットフォームはまた、信頼性が高く、費用効果が高く、ユビキタスな物流サービスを可能にする一連のAPIとプロトコルを提供する予定です。これには、現在および将来のロジスティクスプロセス、デバイス、ビジネスモデルが含まれます。

チーム すべてを見る

David Weisman
David Weisman
CO-FOUNDER AND CEO
Yaron Kaufmann
Yaron Kaufmann
CO-FOUNDER AND CTO
Shlomo Berkovitch
Shlomo Berkovitch
VP OF BUSINESS DEVELOPMENT
Adv. Lior Zaks
Adv. Lior Zaks
VP STRATEGIC BUSINESS
Dana (Reich) Adam
Dana (Reich) Adam
CMO
Chaim Belfer
Chaim Belfer
VP R&D

人気STO/ICO記事

  • ノアシティ-分権国家の夢の実現

    新たな分散型経済を支持する人にとっての究極の夢は、ブロックチェーン技術の基本原則にのっとって運営される国家に居住することです。すなわち、民主主義、権力分配と分権、コンセンサスによる意思決定、デジタル自治といった原則です。この夢はノアシティによって現実になろうとしています。ノアプロジェクトは長期にわたって暗号資産市場に存在し続けています。最近、ノアプロジェクトはと提携して、ノアがその構築を目指すエコシステム全体をホストするための新ブロックチェーンの開発を進めています。Platinum Q DAOエンジニアリングが関わる別のプロジェクトが、です。これは分散型ネットワーク上で運営され、その分散型
  • 韓国UPbitハッキング被害発表・・被害額53億円相当(ETH342,000枚)

    韓国、最大級大手取引所UPbit(アップビット)は580億ウォン相当ののETH(イーサリアム)342,000枚の不正出金が発生したことを27日18時ごろ発表した。出金先のウォレットのアドレスは0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd1d343c029でUPbitが分からないウォレットであると説明している。仮想通貨の出金が一時停止されたのは27日の午後2時16分頃だった。<ins></ins>UPbitを運営しているDunamuの体表理事イ・ソクウです。まず、UPbitを利用しているユーザーの皆様にご心配をおかけし、大変申し訳ございません。2019年 11月 27日 午
  • 中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

    上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。