Olam - グローバルサプライチェーンを簡素化する

Olamは、グローバルなサプライチェーン業界全体のコミュニケーションを効率化化するために設計された革新的なオープンソースプラットフォームおよびプロトコルです。国際貿易の最大手(Visa、Kühne+ Nagel、Swissport、Lufthansaなど)と協力して、国際物流、サプライチェーン管理、ブロックチェーン技術のベテランであるOlam Foundationによって構築された基盤規格。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
OLM
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
40,000,000 USD
初回価格
1 OLM = 0.1 USD
トークン供給数
606,500,000
公式サイトへ Owner of Olam?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, Fiat
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Olamプラットフォームでは、ロジスティック過程に携わる企業が、ビジネス開発をサポートする効果的なソリューションで、今日の業界の課題に対応するのに役立つ実用的なツールを作成しています。 Olamは、標準のオープンソースプラットフォームを使用して、時代遅れのメカニズムと手順の置き換えによって物流世界の混乱を解決することを目指しています。このプラットフォームにより、サプライチェーンのさまざまなプレイヤーは、信頼性、透明性でビジネスを容易に接続し、コミュニケーションし、発展させることができます。

一度実装すると、Olamプラットフォームは、インターネットが離陸するために必要なTCP / IP標準プロトコルのような、サプライチェーン内のすべてのロジスティクス活動とサービスの標準的な選択肢になります。プラットフォームはまた、信頼性が高く、費用効果が高く、ユビキタスな物流サービスを可能にする一連のAPIとプロトコルを提供する予定です。これには、現在および将来のロジスティクスプロセス、デバイス、ビジネスモデルが含まれます。

チーム すべてを見る

David Weisman
David Weisman
CO-FOUNDER AND CEO
Yaron Kaufmann
Yaron Kaufmann
CO-FOUNDER AND CTO
Shlomo Berkovitch
Shlomo Berkovitch
VP OF BUSINESS DEVELOPMENT
Adv. Lior Zaks
Adv. Lior Zaks
VP STRATEGIC BUSINESS
Dana (Reich) Adam
Dana (Reich) Adam
CMO
Chaim Belfer
Chaim Belfer
VP R&D

人気STO/ICO記事

  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32
  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数