Olam - グローバルサプライチェーンを簡素化する

Olamは、グローバルなサプライチェーン業界全体のコミュニケーションを効率化化するために設計された革新的なオープンソースプラットフォームおよびプロトコルです。国際貿易の最大手(Visa、Kühne+ Nagel、Swissport、Lufthansaなど)と協力して、国際物流、サプライチェーン管理、ブロックチェーン技術のベテランであるOlam Foundationによって構築された基盤規格。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
OLM
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
40,000,000 USD
初回価格
1 OLM = 0.1 USD
トークン供給数
606,500,000
公式サイトへ Owner of Olam?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, Fiat
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Olamプラットフォームでは、ロジスティック過程に携わる企業が、ビジネス開発をサポートする効果的なソリューションで、今日の業界の課題に対応するのに役立つ実用的なツールを作成しています。 Olamは、標準のオープンソースプラットフォームを使用して、時代遅れのメカニズムと手順の置き換えによって物流世界の混乱を解決することを目指しています。このプラットフォームにより、サプライチェーンのさまざまなプレイヤーは、信頼性、透明性でビジネスを容易に接続し、コミュニケーションし、発展させることができます。

一度実装すると、Olamプラットフォームは、インターネットが離陸するために必要なTCP / IP標準プロトコルのような、サプライチェーン内のすべてのロジスティクス活動とサービスの標準的な選択肢になります。プラットフォームはまた、信頼性が高く、費用効果が高く、ユビキタスな物流サービスを可能にする一連のAPIとプロトコルを提供する予定です。これには、現在および将来のロジスティクスプロセス、デバイス、ビジネスモデルが含まれます。

チーム すべてを見る

David Weisman
David Weisman
CO-FOUNDER AND CEO
Yaron Kaufmann
Yaron Kaufmann
CO-FOUNDER AND CTO
Shlomo Berkovitch
Shlomo Berkovitch
VP OF BUSINESS DEVELOPMENT
Adv. Lior Zaks
Adv. Lior Zaks
VP STRATEGIC BUSINESS
Dana (Reich) Adam
Dana (Reich) Adam
CMO
Chaim Belfer
Chaim Belfer
VP R&D

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー