NuID - インターネットスケール認証

顧客、従業員、またはパートナーの安全なログイン。 NuIDは、集中化された資格情報ストレージなしで認証を可能にします。 パスワード、生体認証などを使用すると、ユーザーは自分の資格情報を保持し、安全を保つために他の人を信頼する必要はありません。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
Unknown
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of NuID?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

NulDの分散認証とデジタルIDプラットフォームにより、パスワードやその他の認証データを一元的に保存および管理する必要がなくなります。ブロックチェーンテクノロジーとゼロ知識暗号化を活用して、分散ネットワーク上のユーザーの資格情報を保護し、あらゆるデバイスからアクセスできる安全で相互運用可能な認証を提供します。単一障害点がないため、分散認証により大規模な資格情報の侵害が不可能になります。

NulDプラットフォームの要因にとらわれない設計により、資格情報を組み合わせて柔軟で使いやすい認証を実現できます。パスワード、PIN、生体認証センサー、行動分析などを高度な多要素ワークフローのモジュール構成で利用します。要因に依存しない認証を使用すると、ユーザーエクスペリエンスを向上させながらセキュリティを強化できます。

統合されたが分散されたNulDソリューションにより、アイデンティティ管理が改善され、新しいWeb3テクノロジーとのシームレスな相互運用性が実現します。

チーム

Locke Brown
Locke Brown
CEO
Nolan Smith
Nolan Smith
CTO
Ethan Landau
Ethan Landau
Strategy & Operations
Robert Paul
Robert Paul
Research & Development

人気STO/ICO記事

  • 韓国、Upbit取引所がMoneroなどの匿名通貨6種類を対象に上場廃止を検討・・・XMR・DASH・ZEC・XHV・TUBE・PIVX

    韓国最大級、仮想通貨取引所Upbitが9日の午後17時頃、公式ホームページを通じ、匿名の特徴を持つ・XMR・DASH・ZEC・XHV・TUBE・PIVXの6種類の通貨を注意銘柄として指定し、上場廃止を検討すると発表した。Upbitは上場廃止の理由として2018年10月に開かれた総会で「マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)」の暗号資産取り扱い業者(Virtual Asset Service Provider)に関する国際基準を適用させると協議し、これに関する具体的な実施法案を2019年6月まで規定すると公表していたと説明した。また、暗号資産がマネーロンダリングや違法的な目的で使
  • 2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%

    中国メディアIPRdailyは最近2019年、上半期の世界ブロックチェーン関連の「特許申請企業ランキング100」を発表した。2019年は2018年の特許申請数をはるかに上回っている。報道によると、特許申請の数が一番多かった企業は中国企業の「アリババ」で合わせて322件を申請していた。次は中国の保険会社「平安」が274件(2位)、その次はアンティグア・バーブーダ(カリブ海東部に位置する島国)のブロックチェーン企業「nChain」が241件(3位)だった。※資料: マスターカード 79件(10位) マイクロソフト 35件(22位)一方で日本企業は NEC 18件(46位) SONY
  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    ✅【便利】初心者でも使いやすい初心者でも簡単に取引できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高いバックグラウンド三菱UFJやみずほフィナンシャルグループなどメガバンクを含む名だたる大企業が株主になっており、運営企業の信頼性が高いです。また、三井住友海上と連携し、国内初となるビットコイン事業者向けサイバー保険を開発するなどユーザーが安心できるサービス展開をしています。✅【お得】ビットコインをタダで入手できるbitFlyer経由で