NuID - インターネットスケール認証

顧客、従業員、またはパートナーの安全なログイン。 NuIDは、集中化された資格情報ストレージなしで認証を可能にします。 パスワード、生体認証などを使用すると、ユーザーは自分の資格情報を保持し、安全を保つために他の人を信頼する必要はありません。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
Unknown
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of NuID?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

NulDの分散認証とデジタルIDプラットフォームにより、パスワードやその他の認証データを一元的に保存および管理する必要がなくなります。ブロックチェーンテクノロジーとゼロ知識暗号化を活用して、分散ネットワーク上のユーザーの資格情報を保護し、あらゆるデバイスからアクセスできる安全で相互運用可能な認証を提供します。単一障害点がないため、分散認証により大規模な資格情報の侵害が不可能になります。

NulDプラットフォームの要因にとらわれない設計により、資格情報を組み合わせて柔軟で使いやすい認証を実現できます。パスワード、PIN、生体認証センサー、行動分析などを高度な多要素ワークフローのモジュール構成で利用します。要因に依存しない認証を使用すると、ユーザーエクスペリエンスを向上させながらセキュリティを強化できます。

統合されたが分散されたNulDソリューションにより、アイデンティティ管理が改善され、新しいWeb3テクノロジーとのシームレスな相互運用性が実現します。

チーム

Locke Brown
Locke Brown
CEO
Nolan Smith
Nolan Smith
CTO
Ethan Landau
Ethan Landau
Strategy & Operations
Robert Paul
Robert Paul
Research & Development

人気STO/ICO記事

  • Cryptokittiesの開発会社1,100万ドル(約12億円)資金調達に成功・・新しいブロックチェーン開発か

    Forbesによると、CryptoKitties(クリプトキティーズ)の開発会社「Dapper Labs」はAndreessen Horowitz、Digital Currency Group、Warner Music Groupなどの投資会社から合わせて1,120万ドル(約12億円)の資金を追加調達した。この資金は「Dapper Labs」の新しいブロックチェーンである「Flow」を構築するために使われる。これで同会社が集めた資金は3,920万ドル(約42億円)に達する。新しく資金を投資した投資会社は「Dapper Labs」の持分をもらえて、会社がSECの承認をえると、彼らの持分を「Flo
  • まだ間に合うかも!?XLMもある、今週のエアドロまとめ

    今週久しぶりにエアドロ参加したなぁと思ったので、まとめてみました。3つあるのですが、全部参加しました?割と、プロジェクトしては大きな所がやっているので、これを機会に触ってみよう位の気持ちでやってもいい気はします。パッと見はメッセンジャーアプリです。ただ、ファイルやメッセージは暗号化されていて、公開鍵と秘密鍵で管理出来ます。ビジネス的なやり取りで実用に耐える/使われるフェーズが来るとかなり面白いインフラになる可能性を秘めていますね。詳細は下記の記事に詳しいです。韓国最大のメッセンジャーアプリ・Kakaoが主導し、かなり多くの有力企業が参加するコンソーシアム・チェーンになっています。201
  • 人口、約6万人のマーシャル諸島が独自の仮想通貨を発行か・・通貨名はSOV

    太平洋に位置する人口、約6万人の島国マーシャル諸島共和国が独自の仮想通貨を発行すると発表した。12日、ブルームバーグ通信によると、マーシャル諸島共和国の環境大臣であるデイビッド・ポール大臣は11日、シンガポールで開かれた仮想通貨カンファランスで「ブロックチェーン技術を用いたマーシャル諸島の独自の仮想通貨「マーシャルソブリン(SOV)」の発行を推進していることを明らかにした。現在、マーシャル諸島は自国の通貨がなく、米国のドルを法定通貨として使っている。ポール大臣は米国の経済依存度を減らす適切な時期であると判断したと述べた。また、マーシャル諸島の国民は最初に発行されるSOVの10%を、平等にもらえ