Movement App - アクティブライフスタイルに最適なアプリ

MOVEMENT App - 新しいエコシステムで、運動するとコインを得ることができます。 例えば走ったり、ジョギングしたり、歩いたり、運動機械を使ったりします。 ユーザーはスポーツグッズ、スポーツ栄養剤、スポーツウェア、オンラインフィットネス&ヨガコースを購入することで、Move in App Storeでコインを使うことができます。 あるいは、単にトークンに交換し、仮想通貨に交換したり、売ることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MOVE
開始日時
2017-12-15
終了日時
2017-12-20
最低目標
200 ETH
最高目標
3,334 ETH
トークン供給数
3,072,000
公式サイトへ Owner of Movement App?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Stage 1 - 1 ETH = 1,200 MOVE
  • Stage 2 - 1 ETH = 1,080 MOVE
  • Stage 3 - 1 ETH = 960 MOVE
  • Stage 4 - 1 ETH = 840 MOVE

概要

MOVEMENTはあなたの動きをトークンに転送するアプリです。このホワイトペーパーでは、ブロックチェーン技術とスマートコントラクトを使用して、ユーザーが運動に動機を与えたり、歩行を主要な交通手段として使用する運動アプリに経済的な次元を実装する方法について説明します。今から、人々が走ったり、ジョギングしたり、歩いたりして家に帰ると、家に戻ったりするのが利益を上げることができます。私たちは、スポーツ産業やブロックチェーン産業の経験豊富で成功した人達のアドバイスと、次のホワイトペーパーとMovement Appを作成します。 MOVEMENTは新しいエコシステムであり、誰もが距離を打ち負かすためのコインを手に入れることができます。走ったり、ジョギングしたり、歩いたり、トレッドミルを使ったり、トレッドミルを使ったりすることができます。ユーザーはスポーツグッズ、スポーツ栄養、スポーツウェア、オンラインフィットネス&ヨガコースを購入することで、Movementin-App Storeでコインを使うことができます。あるいは、それを単にトークンに交換して、それを任意の仮想通貨に交換したり、売ることができます。

チーム

Martin Holt
Martin Holt
Founder and CEO
Robert Hawkins
Robert Hawkins
Co-founder and CTO
James Latham
James Latham
Engineering Lead
John Yates
John Yates
Web Developer
Rose Harris
Rose Harris
Community Manager

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー