Monart - 国際アートコミュニティとエコシステム

monartは革新的なアート経験、新しいビジネスモデルそしてユニークに収益性の高いセキュリティトークンベースのSTOで、現在の年間630億ドルのアート市場を崩壊させています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MART
開始日時
2019-07-01
終了日時
2019-10-31
最低目標
1,000,000 EUR
最高目標
20,000,000 EUR
初回価格
1 MART = 0.04 EUR
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of Monart?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率66%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

monart生態系はすべての参加者に利益をもたらす

アート愛好家はアート作品を楽しんだり、宣伝したり、アートファンドの株式を購入、売却、交換、賃貸、そして投資するための特別な取引を受けます。

芸術家は大規模な国際的なイベントやオンラインの間に彼らの作品を広く宣伝し、彼らの作品がモナートファンドによって購入されるコミュニティマーケットプレイスに参加します。

アートディーラーが参加し、特別プロモーションを使用してアーティストのアートワークをオフラインおよびオンラインで販売します。

投資家は、アートワークとアートファンドのシェアから、そして大規模なプロモーションイベントの開催から、アーティストとそのアートワークの世界的な評判を高めることで、早期購入の機会から恩恵を受けます。

チーム すべてを見る

Malo GIROD DE L'AIN
Malo GIROD DE L'AIN
Co-founder & president
Pauline HOUL
Pauline HOUL
Co-founder & CEO
Bertrand SCACHE
Bertrand SCACHE
Co-founder & CTO - Chief Technology Officer
Aden KIM CBO
Aden KIM CBO
Asia - Chief Business Development Officer Asia
Christian BRUGERON
Christian BRUGERON
Co-founder & CCO - Chief Cryptography Officer
Laurent HENTZ
Laurent HENTZ
Co-founder & Web developer and SEO

人気STO/ICO記事

  • ノアシティ-分権国家の夢の実現

    新たな分散型経済を支持する人にとっての究極の夢は、ブロックチェーン技術の基本原則にのっとって運営される国家に居住することです。すなわち、民主主義、権力分配と分権、コンセンサスによる意思決定、デジタル自治といった原則です。この夢はノアシティによって現実になろうとしています。ノアプロジェクトは長期にわたって暗号資産市場に存在し続けています。最近、ノアプロジェクトはと提携して、ノアがその構築を目指すエコシステム全体をホストするための新ブロックチェーンの開発を進めています。Platinum Q DAOエンジニアリングが関わる別のプロジェクトが、です。これは分散型ネットワーク上で運営され、その分散型
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    ビットコイン欲しい!でも、、、原資が・・・という方に朗報です!無料でビットコインを稼げるお小遣いサイトで、を新規発行すると、ビットコインがゲットすることができます。しかも、今なら期間限定のを実施中です!コインポインを経由して、楽天カード新規発行をするだけで、をゲットすることができるんです!さらに!楽天カード自体も、ご新規様限定のポイント還元キャンペーンをおこなっています!楽天カードをまだお持ちでない方、楽天カードが欲しかった!という方は、この機会に、ビットコインとポイントをWドリしませんか?楽天カードを発行するとをGETすることができます。期間:〜〆12/22(日)23時条件:新
  • 秘密鍵紛失の韓国の取引所が破産・・被害額5億6,000万円

    韓国の仮想通貨取引所「coinbin」が破産宣告を受けた。今年の初めに内部担当者が仮想通貨を保管しているウォレットの「秘密鍵」を紛失し、現在の相場で60億ウォン(約5億6,000万円)相当の仮想通貨が動かせない状態だ。12日、ソウル回生裁判所は「債務者(coinbin)に負債を超える破産原因の事実が存在する」と破産宣告の理由を説明した。従って、coinbinは12月10日まで債権申告を受け、来年の1月9日に1次債権者集会で実際の債権があるかを確認するという。coinbinの債権者は取引所のユーザーとなる。しかし、残っている資産を処分するとしても、ユーザーの被害額を全部返してもらうことは難しいと