MeterQubesは、次世代のピアツーピア分散型取引プラットフォームを提供します。 アクティブなトレーダーと初心者の両方を対象に設計されており、人工知能と機械学習を活用したツールで最適化され、暗号コミュニティが取引利益を最大化するのに役立ちます。vv

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
MeterQubes/MEQ
開始日時
2019-10-02
終了日時
2019-10-15
最低目標
4,000,000 USD
最高目標
8,750,000 USD
初回価格
0.0500 USD
トークン供給数
350,000,000
公式サイトへ Owner of MeterQubes?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率35%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Round 2 of IEO - 30% Discount

概要

仮想通貨のエコシステムは、2009年のビットコインの誕生以来、大きく成長しました。新しい暗号取引者はDeFi(分散金融)経済を活用するために市場に参入していますが、しかし、トレーダーの大半は、デジタル資産で利用可能な機会を分析および評価するために必要なツールを欠いています。

MeterQubesのビジョンは、自己学習アルゴリズムと人工知能を備えたソフトウェアを通じて、スムーズな取引とデジタル資産への投資を促進する一連のソリューションをクライアントに提供することです。    私たちの使命は「高度なデジタル資産取引を実現すること」です。 目標は、MeterQubesのすべてのユーザーが最先端のツールと分析を利用して「スマートマネー」を蓄積できるようにすることです。 流動性と量の問題に対処し、迅速な注文執行と取引可能な資産の大規模なオプションを提供するプレミアム取引プラットフォームになることを目指します。

チーム すべてを見る

Ahmed Al Marjeby
Ahmed Al Marjeby
Co-founder & Chief Executive Officer
Fahd Saifuddin
Fahd Saifuddin
Chief Technology Officer
Neville Epa
Neville Epa
Chief Trading Strategist
Leyth Al Hinai
Leyth Al Hinai
Chief Information Officer
Shehzad Khan
Shehzad Khan
CTO & ADVISOR
Muhammad Kashif Fazal Wadood
Muhammad Kashif Fazal Wadood
PMO & ADVISOR

人気STO/ICO記事

  • ビットコインにポジティブな4つの世界ニュースまとめ

    海外のニュースメディアによると、トルコ政府は税金を借りているか滞納負債がある個人や法人を対象に銀行口座を凍結すると発表した。税金を借りている250万以上の個人の資産が凍結され、未払金のある80万以上も同じ目にあうことになる。こういった中央政府の動きはなぜ我々が国家と分離されたデジタル通貨が必要なのかを見せてくれている。香港の一部の現金自動預け払い機(ATM)に現金が足りなく、通貨不足の状態だ。特にHSBCが所有するATMは、香港市民が貯蓄を物理的な通貨に変換しようとしているため、空になっている。これは、中国本土がデジタル支払いを元にデモ隊などを監視しているという恐怖によるもの。こういった情勢が
  • 国内取引所 FX・レバレッジ 取引ツールランキング

    DMM Bitcoinは、レバレッジ取引の取り扱い銘柄数1位、上級者も納得の高機能な取引ツール提供しているなど、レバレッジ取引にうってつけの仮想通貨取引所です。★★★★★ レバレッジ対応通貨:7種類(BTC、ETH、XEM、XRP、LTC、ETC、BCH)★★★★★ 通貨ペア:14種類(BTC、JPY)★★★☆☆ レバレッジ手数料 : 0.04%/日 ★★★★☆ アプリ取引ツール : ロウソク足・テクニカル表示あり★★★★☆ レバレッジ対応通貨 :BTC、QASH、ETH、XRP★★★★☆ 通貨ペア:12種類(BTC、ETH、JPY)★★★★☆ レバレッジ手数料 : 0.025%/日
  • 【2019年最新版】サラリーマンにおすすめの副業16選!仮想通貨やポイントサイト…etc

    まだ、副業をしていないサラリーマンは危険信号です。もしあなたが一つの会社の収入のみに頼っているのであれば、このブログで紹介するに青ざめるかもしれません。一方でピンチはチャンスと言いまして、とも言えます。このブログが、日本の悩めるサラリーマンの参考になりますと幸いです。サラリーマンのは2017年で432万円です。リーマンショック以降やや回復傾向にはありますが、とはいえの状況であり、今後平均給与が大きく上がるとは考えづらいです。また、会社で給与が1万円しか上がらなかった(あるいは)なんて経験をしている人は多いのではないでしょうか。それもそのはず、終身雇用型の給与形態をとっている会社では