MeterQubesは、次世代のピアツーピア分散型取引プラットフォームを提供します。 アクティブなトレーダーと初心者の両方を対象に設計されており、人工知能と機械学習を活用したツールで最適化され、暗号コミュニティが取引利益を最大化するのに役立ちます。vv

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MeterQubes/MEQ
開始日時
2019-10-02
終了日時
2019-10-15
最低目標
4,000,000 USD
最高目標
8,750,000 USD
初回価格
0.0500 USD
トークン供給数
350,000,000
公式サイトへ Owner of MeterQubes?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率35%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Round 2 of IEO - 30% Discount

概要

仮想通貨のエコシステムは、2009年のビットコインの誕生以来、大きく成長しました。新しい暗号取引者はDeFi(分散金融)経済を活用するために市場に参入していますが、しかし、トレーダーの大半は、デジタル資産で利用可能な機会を分析および評価するために必要なツールを欠いています。

MeterQubesのビジョンは、自己学習アルゴリズムと人工知能を備えたソフトウェアを通じて、スムーズな取引とデジタル資産への投資を促進する一連のソリューションをクライアントに提供することです。    私たちの使命は「高度なデジタル資産取引を実現すること」です。 目標は、MeterQubesのすべてのユーザーが最先端のツールと分析を利用して「スマートマネー」を蓄積できるようにすることです。 流動性と量の問題に対処し、迅速な注文執行と取引可能な資産の大規模なオプションを提供するプレミアム取引プラットフォームになることを目指します。

チーム すべてを見る

Ahmed Al Marjeby
Ahmed Al Marjeby
Co-founder & Chief Executive Officer
Fahd Saifuddin
Fahd Saifuddin
Chief Technology Officer
Neville Epa
Neville Epa
Chief Trading Strategist
Leyth Al Hinai
Leyth Al Hinai
Chief Information Officer
Shehzad Khan
Shehzad Khan
CTO & ADVISOR
Muhammad Kashif Fazal Wadood
Muhammad Kashif Fazal Wadood
PMO & ADVISOR

人気STO/ICO記事

  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )