Biido - 革命的な手数料ゼロのデジタル資産取引所

Biidoは、コミュニティのためにコミュニティによって作成された手数料無料のデジタル資産交換プラットフォームです。 美的価値、利便性、およびセキュリティを組み合わせることによって、仮想通貨、デジタル資産、およびブロック資産の採用を促進することを支援する人々のための取引所。提供されている使いやすさと機能により、Biido 取引プラットフォームは、取引ボット、テクニカル分析、コミュニティ戦略などの簡素化された機能により、暗号市場への投資を試みる初心者のための道を開くものと期待されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BION
開始日時
2019-05-27
終了日時
2019-05-28
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
5,000,000 USD
トークン供給数
3,000,000,000
公式サイトへ Owner of Biido?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Biidoは、コミュニティのためにコミュニティによって作成された手数料無料のデジタル資産交換プラットフォームです。 美的価値、利便性、およびセキュリティを組み合わせることによって、仮想通貨、デジタル資産、およびブロック資産の採用を促進することを支援する人々のための取引所。提供されている使いやすさと機能により、Biido 取引プラットフォームは、取引ボット、テクニカル分析、コミュニティ戦略などの簡素化された機能により、暗号市場への投資を試みる初心者のための道を開くものと期待されます。

さらに、Biidoは、BIMi(Biido ID確認システム)やBTC(Biido取引コミュニティ)などの取引以外の他の機能も提供します。 一方、これらすべての機能に対応するために、BiidoはBIONが提供するすべてのサービスで使用できるBION機能トークンを発行します。 全体のサービスはBiidoを最先端のデジタル資産取引所にするように設計されています。

チーム すべてを見る

Aditia K Mokoginta
Aditia K Mokoginta
CEO
Muhammad Agung Wibowo
Muhammad Agung Wibowo
Technology
Rahadian Pena Persada
Rahadian Pena Persada
Finance
Hendra Nugraha
Hendra Nugraha
Gilang Bhagaskara
Gilang Bhagaskara
Fuddy Heruzady
Fuddy Heruzady

人気STO/ICO記事

  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi