Biido - 革命的な手数料ゼロのデジタル資産取引所

Biidoは、コミュニティのためにコミュニティによって作成された手数料無料のデジタル資産交換プラットフォームです。 美的価値、利便性、およびセキュリティを組み合わせることによって、仮想通貨、デジタル資産、およびブロック資産の採用を促進することを支援する人々のための取引所。提供されている使いやすさと機能により、Biido 取引プラットフォームは、取引ボット、テクニカル分析、コミュニティ戦略などの簡素化された機能により、暗号市場への投資を試みる初心者のための道を開くものと期待されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BION
開始日時
2019-05-27
終了日時
2019-05-28
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
5,000,000 USD
トークン供給数
3,000,000,000
公式サイトへ Owner of Biido?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Biidoは、コミュニティのためにコミュニティによって作成された手数料無料のデジタル資産交換プラットフォームです。 美的価値、利便性、およびセキュリティを組み合わせることによって、仮想通貨、デジタル資産、およびブロック資産の採用を促進することを支援する人々のための取引所。提供されている使いやすさと機能により、Biido 取引プラットフォームは、取引ボット、テクニカル分析、コミュニティ戦略などの簡素化された機能により、暗号市場への投資を試みる初心者のための道を開くものと期待されます。

さらに、Biidoは、BIMi(Biido ID確認システム)やBTC(Biido取引コミュニティ)などの取引以外の他の機能も提供します。 一方、これらすべての機能に対応するために、BiidoはBIONが提供するすべてのサービスで使用できるBION機能トークンを発行します。 全体のサービスはBiidoを最先端のデジタル資産取引所にするように設計されています。

チーム すべてを見る

Aditia K Mokoginta
Aditia K Mokoginta
CEO
Muhammad Agung Wibowo
Muhammad Agung Wibowo
Technology
Rahadian Pena Persada
Rahadian Pena Persada
Finance
Hendra Nugraha
Hendra Nugraha
Gilang Bhagaskara
Gilang Bhagaskara
Fuddy Heruzady
Fuddy Heruzady

人気STO/ICO記事

  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ
  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    [✅【最短】クイック本人確認で最短で即日取引が可能仮想通貨取引をする為には、KYC(本人確認)が必ず必要です。多くの他取引所では「はがき受取で本人確認」を行うため、取引までは約1週間ほどの時間がかかります。しかし、bitFlyerではスマホで本人確認手続きが完結するので最短で、即日取引が可能です。(はがき受取も可)✅【便利】初心者でも使いやすいシンプルな画面で、初心者でも簡単に操作できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高い
  • 韓国UPbitハッキング被害発表・・被害額53億円相当(ETH342,000枚)

    韓国、最大級大手取引所UPbit(アップビット)は580億ウォン相当ののETH(イーサリアム)342,000枚の不正出金が発生したことを27日18時ごろ発表した。出金先のウォレットのアドレスは0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd1d343c029でUPbitが分からないウォレットであると説明している。仮想通貨の出金が一時停止されたのは27日の午後2時16分頃だった。<ins></ins>UPbitを運営しているDunamuの体表理事イ・ソクウです。まず、UPbitを利用しているユーザーの皆様にご心配をおかけし、大変申し訳ございません。2019年 11月 27日 午