Biido - 革命的な手数料ゼロのデジタル資産取引所

Biidoは、コミュニティのためにコミュニティによって作成された手数料無料のデジタル資産交換プラットフォームです。 美的価値、利便性、およびセキュリティを組み合わせることによって、仮想通貨、デジタル資産、およびブロック資産の採用を促進することを支援する人々のための取引所。提供されている使いやすさと機能により、Biido 取引プラットフォームは、取引ボット、テクニカル分析、コミュニティ戦略などの簡素化された機能により、暗号市場への投資を試みる初心者のための道を開くものと期待されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BION
開始日時
2019-05-27
終了日時
2019-05-28
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
5,000,000 USD
トークン供給数
3,000,000,000
公式サイトへ Owner of Biido?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Biidoは、コミュニティのためにコミュニティによって作成された手数料無料のデジタル資産交換プラットフォームです。 美的価値、利便性、およびセキュリティを組み合わせることによって、仮想通貨、デジタル資産、およびブロック資産の採用を促進することを支援する人々のための取引所。提供されている使いやすさと機能により、Biido 取引プラットフォームは、取引ボット、テクニカル分析、コミュニティ戦略などの簡素化された機能により、暗号市場への投資を試みる初心者のための道を開くものと期待されます。

さらに、Biidoは、BIMi(Biido ID確認システム)やBTC(Biido取引コミュニティ)などの取引以外の他の機能も提供します。 一方、これらすべての機能に対応するために、BiidoはBIONが提供するすべてのサービスで使用できるBION機能トークンを発行します。 全体のサービスはBiidoを最先端のデジタル資産取引所にするように設計されています。

チーム すべてを見る

Aditia K Mokoginta
Aditia K Mokoginta
CEO
Muhammad Agung Wibowo
Muhammad Agung Wibowo
Technology
Rahadian Pena Persada
Rahadian Pena Persada
Finance
Hendra Nugraha
Hendra Nugraha
Gilang Bhagaskara
Gilang Bhagaskara
Fuddy Heruzady
Fuddy Heruzady

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )