MetaHash - 世界で最も高速で最も安全な仮想通貨

#MetaHashは、デジタル資産を共有するためのブロックチェーン 4.0技術と、リアルタイム・サービスと分散型アプリの作成・管理のためのプラットフォームをベースにした次世代ネットワークです

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
MHC
最低目標
36,000,000 USD
最高目標
36,000,000 USD
初回価格
1 MHC = 0.0391 USD
トークン供給数
20,240,000
公式サイトへ Owner of MetaHash?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率12%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

#TraceChain

最速で最も安全なブロックチェーン

1日あたり50億件以上のトランザクション。3秒以内に1件のトランザクションを検証します

#MetaApps

次世代のスマートコントラクト

通常のWebサービスとC++、PHP、Solidityなどを含むプログラミング言語の助けを借りて開発された分散型リアルタイムアプリケーション

#MetaGate

分散型インターネット

コンピュータに過負荷をかけない分散型アプリとマルチ資産ウォレット

#MetaHashCoin

MetaHashネットワークでは資産交換が可能です

MetaHashCoin は、ネットワークの信頼性と交換サービスを確保し、自己資金調達と開発の調整に使用されます

チーム すべてを見る

Gleb Nikitin
Gleb Nikitin
Co-Founder, Partner, CRO
Oleg Romanenko
Oleg Romanenko
CSA
Mikhail Zarutskiy
Mikhail Zarutskiy
CTO, Head of AI
Sergey Raylyan
Sergey Raylyan
CIO
Evgeniy Doronin
Evgeniy Doronin
BizDev AdSniper
Dmitriy Borisenko
Dmitriy Borisenko
C++ Lead Developer

人気STO/ICO記事

  • 50億円以上の資金調達に成功した16のプロジェクトのほとんどがマイナス収益率・・ADA・TRON・XTZだけがプラスか

    中国メディアBlockBeatsが暗号資産リサーチ企業「Messari」のデータを引用し、ICOで5,000万ドル(53億円)以上の資金調達に成功した16のプロジェクトの中でテゾス(XTZ、時価総額18位)、TRON(TRX、時価総額14位)、カルダノエイダ(ADA、時価総額11位)以外のプロジェクトのROI(投資した資本に対して得られた利益のこと)が全てマイナスだったと報道した。 TRON:7,000万ドルの資金調達→投資収益率666.55%16のプロジェクトの中、ICOで42億ドル(約4,400億円)の資金調達に成功したイオス(EOS、時価総額8位)のROI(投資収益率)は分からなかっ
  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32
  • 韓国、Upbit取引所がMoneroなどの匿名通貨6種類を対象に上場廃止を検討・・・XMR・DASH・ZEC・XHV・TUBE・PIVX

    韓国最大級、仮想通貨取引所Upbitが9日の午後17時頃、公式ホームページを通じ、匿名の特徴を持つ・XMR・DASH・ZEC・XHV・TUBE・PIVXの6種類の通貨を注意銘柄として指定し、上場廃止を検討すると発表した。Upbitは上場廃止の理由として2018年10月に開かれた総会で「マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)」の暗号資産取り扱い業者(Virtual Asset Service Provider)に関する国際基準を適用させると協議し、これに関する具体的な実施法案を2019年6月まで規定すると公表していたと説明した。また、暗号資産がマネーロンダリングや違法的な目的で使