MedicoHealth - ブロックチェーンに基づく医師と患者の最大の環境

MedicoHealthブロックチェーンベースのプロジェクトは、断片化した医療システムを改善するために設計されています。本当に重要な問題の1つに取り組むことで、より良い結果を生み出すことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MHP
開始日時
2019-01-15
終了日時
2019-03-15
最低目標
3,500,000 USD
最高目標
23,500,000 USD
初回価格
1 MHP = 0.08 USD
トークン供給数
325,000,000
公式サイトへ Owner of MedicoHealth?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率65%
KYCKYC
参加不可地域USA, Korea, China
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day 1 of ICO - 10%
  • Day 2 to 4 of ICO - 7%
  • Day 4 to 10 of ICO - 5%
  • Day 10 to 30 of ICO - 3%

概要

ヘルスケア業界は常に価値と複雑さが増しています。しかし、他の主要産業とは異なり、ITはまだ医療を完全に混乱させていません。    分散型の元帳技術により、トレーサビリティ、データの不変性、プライバシー保護のための安全な方法の作成が可能となり、医療に最適です。

ヘルスケアが効果的に機能するためには、患者、診療所、医師および他の医療専門家が互いによりよくつながる必要があります。

実際の技術の状況を念頭に置いて、医療におけるブロックチェーン技術のグローバルかつ効率的な利用の可能性を綿密に検討した後、Medicohealth分散アプリケーションを考え出しました。

データベース

他の患者と医師のレビューと推薦状の最大のデータベース。

簡単なアクセス

特定の治療法や個人的な医療データのための最良の医師への簡単なアクセス - ローカルおよび世界中。

正しい治療

医師、診療所、保険、第三者間の知識と情報の交換により、適切な治療が確実に行われます。

向上させるために

これは、待機リストの短縮、安価な健康保険、そしてよりパーソナライズされたヘルスケアを意味します。    Medicohealthはすでにエンジェル投資を受けていたため、トークン購入者は、VCやエンジェル投資家によるデューデリジェンスの精査を既に経ているプロジェクトに貢献しています。

チーム

Milan Rajlic
Milan Rajlic
Co-Founder & CEO
Marco Muhrer Schwaiger
Marco Muhrer Schwaiger
Consultant of the Management Board
Andrej Muzevic
Andrej Muzevic
Co-Founder
Achim Schuetz
Achim Schuetz
Chief Information Officer
Dr. Rolf Porsche
Dr. Rolf Porsche
Chief Visionary Officer
Matjaz Torc
Matjaz Torc
Chief Technology Officer

人気STO/ICO記事

  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7