Magnetics - スキル+経験=「雇用資本スコア」

募集や就職活動をより簡単に、より良いものにします。 Magnetics雇用資本インデックスに対する人のスコアをランク付けすることで、求人者と雇用主はそれぞれの候補者の潜在的な適性を正確に測定することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KLIX
開始日時
2018-09-10
終了日時
2018-12-08
最高目標
35,677,500 USD
初回価格
1 KLIX = 0.11 USD
トークン供給数
350,100,000
公式サイトへ Owner of Magnetics?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, BCH, LTC, DASH, Fiat
供給率70.02%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ブロックチェーン技術を活用して、Magneticsプラットフォームは、労働者の雇用経歴、資格、人生経験(参考文献、ソフトスキル、コミュニケーション力、コンタクト、成績など)を記録し、検証し、評価します。

Magneticsのネットワーク化されたインテリジェンスシステムは、このデータを検証し、数値化して、Magnetics Employment Capital Score(MECS)と呼ばれる検証された適応性スコアを生成します。

チーム すべてを見る

Adam Kilshaw
Adam Kilshaw
Co-Founder & CEO
Kevin Gornall
Kevin Gornall
Co-Founder
Leslie Dundas
Leslie Dundas
Co-Founder
Johnny Marques
Johnny Marques
Head of Creative at Magnetics
Oliver Van-Hay
Oliver Van-Hay
Our Head of Commercial
Nate Raine
Nate Raine
Head of Marketing

人気STO/ICO記事

  • LINEのブロックチェーン子会社が日本金融庁から正式認可

    メッセンジャーアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社のブロックチェーン子会社「LVC株式会社」が本日6日に仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更になったことが日本金融庁ホームページ、日本仮想通貨交換業協会のホームページを通じ発表された。LVC株式会社は、LINEの仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開している会社だ。取り扱い通貨はBTC、ETH、BCH、LTC、XRPのメジャーな仮想通貨となる。当協会会員における仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更について本日、金融庁より当協会会員の内1社の仮想通貨交換業者登録に関する公表がありましたのでお知らせいたし
  • 人口、約6万人のマーシャル諸島が独自の仮想通貨を発行か・・通貨名はSOV

    太平洋に位置する人口、約6万人の島国マーシャル諸島共和国が独自の仮想通貨を発行すると発表した。12日、ブルームバーグ通信によると、マーシャル諸島共和国の環境大臣であるデイビッド・ポール大臣は11日、シンガポールで開かれた仮想通貨カンファランスで「ブロックチェーン技術を用いたマーシャル諸島の独自の仮想通貨「マーシャルソブリン(SOV)」の発行を推進していることを明らかにした。現在、マーシャル諸島は自国の通貨がなく、米国のドルを法定通貨として使っている。ポール大臣は米国の経済依存度を減らす適切な時期であると判断したと述べた。また、マーシャル諸島の国民は最初に発行されるSOVの10%を、平等にもらえ
  • 2020年、北朝鮮でブロックチェーンカンファランスが開かれる予定・・参加費は約40万円・日本人参加不可

    今年の4月に北朝鮮の首都である平壌(ピョンヤン)で開かれたブロックチェーンカンファランスが来年の2月に再度、開催されることになった。平壌のカンファランスはスペインの非政府組織(NGO) 団体の朝鮮親善協会(FKA)の設立者アレハンドロ「Alejandro Cao de Benos」とブロックチェーン諮問会社トークンキー(Token Key)が主催する。既に、広報のためのホームページも作成されたことが確認できた。()10日、平壌ブロックチェーンカンファランス主催者のアレハンドロ設立者は韓国メディアとのインタビューで「先日、開かれたカンファランスは包括的なコンテンツで構成されたが来年、開かれるカ