LTO Network - 分散ワークフローのためのハイブリッドブロックチェーン

LTO Networkは、信頼性必要ないプロセスを使用することで、B2Bが同等の基盤でコラボレーションできるようにするブロックチェーンプラットフォームです。本質的にあらゆるビジネスプロセス(BPM)または法的契約は、Live Contracts(拡張確定有限状態マシン)によって自動化できます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
LTO
最高目標
5,200,000 USD
初回価格
0.0300 USD
トークン供給数
210,000,000
公式サイトへ Owner of LTO Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプNative
参加可能通貨ETH
供給率42%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ブロックチェーンテクノロジを使用することで、LTO Networkは組織がB2Bワークフローを分散的に実行することを可能にします。

実社会と同様に、当事者が合意を締結するとき、この合意の実行は正しい方法で行われる必要があります。 LTO Networkは、Live Contractsと呼ばれる分散ワークフローを使用してこれらの手順を自動化します。 Live Contractsには、実行が必要な行動に関する人間とシステムの両方の指示が含まれています。 Live Contractに関与するすべての関係者は、お互いの行動を検証し、データ送信を保護します。

LTOネットワークは誇大宣伝バブルを破裂させ、次のレベルのプロセス効率を引き出す。

チーム すべてを見る

Rick Schmitz
Rick Schmitz
CEO
Arnold Daniels
Arnold Daniels
Lead Architect
Martijn Migchelsen
Martijn Migchelsen
CFO & COO
Sven Stam
Sven Stam
CTO
Martijn Broersma
Martijn Broersma
VP Operations
Ivan Golovko
Ivan Golovko
Strategy & Investor Relations

人気STO/ICO記事

  • コイン相場アプリのFAQ - ウォレット・ポートフォリオ・チャートなど

  • 【API連携】Liquid/リキッドのAPI連携方法 - 画像付きで分かりやすい!

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。金融庁が認可した仮想通貨取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」はQUOINE株式会社が運営する
  • 【API連携】Binance/バイナンスとAPI連携する方法 - 画像付きで分かりやすい!

    忙しい投資家にとって仮想通貨投資における情報収集や取引を効率化したいという悩みはつきないでしょう。そんな時は取引所が公式に公開しているAPIを活用すると便利です。APIを使えば取引所にログインしなくても自身のポートフォリオ管理や取引、自動取引などを実行することが可能です。通常、APIの活用にはプログラミングスキルが必要ですが仮想通貨アプリののように簡単にAPI連携する方法もあります。ここでは仮想通貨引所最大手であるBinanceのAPI取得方法とのAPI連携方法をご紹介させていただきます。Binanceは2017年7月に中国で誕生した仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所としては後発ですが、社