LTO Network - 分散ワークフローのためのハイブリッドブロックチェーン

LTO Networkは、信頼性必要ないプロセスを使用することで、B2Bが同等の基盤でコラボレーションできるようにするブロックチェーンプラットフォームです。本質的にあらゆるビジネスプロセス(BPM)または法的契約は、Live Contracts(拡張確定有限状態マシン)によって自動化できます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
LTO
最高目標
5,200,000 USD
初回価格
0.0300 USD
トークン供給数
210,000,000
公式サイトへ Owner of LTO Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプNative
参加可能通貨ETH
供給率42%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ブロックチェーンテクノロジを使用することで、LTO Networkは組織がB2Bワークフローを分散的に実行することを可能にします。

実社会と同様に、当事者が合意を締結するとき、この合意の実行は正しい方法で行われる必要があります。 LTO Networkは、Live Contractsと呼ばれる分散ワークフローを使用してこれらの手順を自動化します。 Live Contractsには、実行が必要な行動に関する人間とシステムの両方の指示が含まれています。 Live Contractに関与するすべての関係者は、お互いの行動を検証し、データ送信を保護します。

LTOネットワークは誇大宣伝バブルを破裂させ、次のレベルのプロセス効率を引き出す。

チーム すべてを見る

Rick Schmitz
Rick Schmitz
CEO
Arnold Daniels
Arnold Daniels
Lead Architect
Martijn Migchelsen
Martijn Migchelsen
CFO & COO
Sven Stam
Sven Stam
CTO
Martijn Broersma
Martijn Broersma
VP Operations
Ivan Golovko
Ivan Golovko
Strategy & Investor Relations

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗