ZAZAはブロックチェーン技術を利用した分散型の革新的なビジネスプラットフォームであり、B2Bネットワークでもあります。 当社の使命は企業がビジネス活動を改善し、ビジネス目標を達成し、世界的なパートナーシップを構築できるグローバルなビジネスプラットフォームを提供することです。当社は企業の成功を支援し、信頼性が高く、有益な分散型のB2Bコネクションを構築することを目指しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ZAZA
開始日時
2018-06-15
終了日時
2018-12-31
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 ZAZA = 0.07 USD
トークン供給数
530,000,000
公式サイトへ Owner of ZAZA?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, BCH
供給率53%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • STAGE 1: June 15-30, 2018 - 50%
  • STAGE 2: July 15 -31, 2018 - 40%
  • STAGE 3: August 15-31, 2018 - 20-30%
  • October - December 2018 - 3-12%

概要

ZAZAエコシステム

ビスの売買商品やサービス

ユーザーはZAZAトークンを購入することで、プラットフォーム上で商品やサービスを売買できるようになります。

ビジネス活動および社会活動に対する報酬

会活動に対する報酬ビジネス活動および社

有料のサービスプラットフォーム

プラットフォーム上のすべての有料サービス(注目の広告、注目の企業アカウント、スマートコントラクト利用料、バナー広告)は、ZAZAトークンでお支払いいただく必要があります。

取引ジェネレータからの報酬

ZAZAはプラットフォーム上で取引を生成・完遂したユーザーに対して報酬を与えます。

キャッシュバックシステム

ZAZAは、すべてのユーザーがシステムを利用して購入を行うたびにZAZAトークンを報酬として付与できるような暗号通貨キャッシュバックシステムの導入を計画しています。

チーム すべてを見る

Zhazira Lepess
Zhazira Lepess
CEO, Founder
Arsen Lepess
Arsen Lepess
COO, Founder
Parag Bhadra
Parag Bhadra
СТО
Loredana Manushaqa
Loredana Manushaqa
Business Development
Seif Abd-Elrahman
Seif Abd-Elrahman
Investor Relations
Saul Tarazona
Saul Tarazona
Investor Relations

人気STO/ICO記事

  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし