LinkChain - ブロックチェーン上の安全なサプライチェーンソーシング

LINKCHAINは、AutoMatch™およびCercaMatch™と呼ばれる当社独自の調達方法を通じて、検証済みの購入者と供給者を結び付けることにより、LinkedInなどの主要なソーシャルネットワーキングサイトで商品やサービスを調達するリスクを軽減します。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
LNK
開始日時
2019-01-02
終了日時
2019-12-31
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
16,250,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
70,000,000
公式サイトへ Owner of LinkChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率10%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    LINKCHAIN のコンセプトは、何ヶ月もの個人的な欲求不満と生産性の低下から生まれました。 LinkedInのアクティブユーザーとして、私は自分のサービスを売り込むために多くのフリーランサーやサプライヤから連絡を受けています。 皮肉なことに、多くの場合、私は実際に彼らが提供していたサービスを必要としていました。 しかし、私は彼らが誰なのかも彼らの能力もわからなかったので、私はリスクを冒すつもりはないです。 同時に、私は彼らにサービスを提供するために会社から連絡をもらいました。 私はいつも同じ問題に直面していました:この人または会社はなんなの? 彼らは請負業者に支払いますか?

    このプロジェクトの基盤は、クラウドセールトークン購入者から始めて、セキュリティに基づいています。 次に、LinkedInなどのネットワーキングサイトのオンラインサービスの購入者に対するセキュリティがあります。 これが私の目標であり、そして私の熱い願望です。 私はあなたの助けを借りて、そして私が集まった信じられないほど才能あり信頼できるチームと共に、この欲求を現実に変えることができると100%確信しています。

    チーム すべてを見る

    Conston Taylor
    Conston Taylor
    Founder & CEO
    Jack J. Bensimon
    Jack J. Bensimon
    Co-Founder & Chief Compliance Officer
    Nancy Boisvert
    Nancy Boisvert
    Co-Founder & COO
    Roberto Simone
    Roberto Simone
    CFO
    John Doyle
    John Doyle
    CMO
    Nick A. Arora
    Nick A. Arora
    CSO

    人気STO/ICO記事

    • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

      暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
    • 【中級・上級者向け】仮想通貨トレードの機会損失を防ぐ「Proアラート」リリース

      仮想通貨アプリ・コイン相場がついに有料会員制度・プレミアム会員をリリースしました!その中でも一番の目玉の機能はです。Proアラートとは、簡単にいうと価格アラートの上位互換版です。これまでの価格変動アラートに加えて、やを、コイン相場のPUSH通知でユーザーの皆様にお知らせする機能です。常にチャートに張り付いてトレードをしている方でも、多くの通貨ペアを同時に追い続けるの、苦しく無いですか?その点、Proアラートでは対応している取引所の全ての通貨ペアの分析をし、重要な局面の時だけ、ユーザーに教えてくれます。Proアラートがあれば、、、これで、これまで取りこぼしていたチャンスも、拾うことができた
    • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

      2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、