LinkChain - ブロックチェーン上の安全なサプライチェーンソーシング

LINKCHAINは、AutoMatch™およびCercaMatch™と呼ばれる当社独自の調達方法を通じて、検証済みの購入者と供給者を結び付けることにより、LinkedInなどの主要なソーシャルネットワーキングサイトで商品やサービスを調達するリスクを軽減します。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
LNK
開始日時
2019-01-02
終了日時
2019-12-31
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
16,250,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
70,000,000
公式サイトへ Owner of LinkChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率10%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    LINKCHAIN のコンセプトは、何ヶ月もの個人的な欲求不満と生産性の低下から生まれました。 LinkedInのアクティブユーザーとして、私は自分のサービスを売り込むために多くのフリーランサーやサプライヤから連絡を受けています。 皮肉なことに、多くの場合、私は実際に彼らが提供していたサービスを必要としていました。 しかし、私は彼らが誰なのかも彼らの能力もわからなかったので、私はリスクを冒すつもりはないです。 同時に、私は彼らにサービスを提供するために会社から連絡をもらいました。 私はいつも同じ問題に直面していました:この人または会社はなんなの? 彼らは請負業者に支払いますか?

    このプロジェクトの基盤は、クラウドセールトークン購入者から始めて、セキュリティに基づいています。 次に、LinkedInなどのネットワーキングサイトのオンラインサービスの購入者に対するセキュリティがあります。 これが私の目標であり、そして私の熱い願望です。 私はあなたの助けを借りて、そして私が集まった信じられないほど才能あり信頼できるチームと共に、この欲求を現実に変えることができると100%確信しています。

    チーム すべてを見る

    Conston Taylor
    Conston Taylor
    Founder & CEO
    Jack J. Bensimon
    Jack J. Bensimon
    Co-Founder & Chief Compliance Officer
    Nancy Boisvert
    Nancy Boisvert
    Co-Founder & COO
    Roberto Simone
    Roberto Simone
    CFO
    John Doyle
    John Doyle
    CMO
    Nick A. Arora
    Nick A. Arora
    CSO

    人気STO/ICO記事

    • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

      韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in
    • 秘密鍵紛失の韓国の取引所が破産・・被害額5億6,000万円

      韓国の仮想通貨取引所「coinbin」が破産宣告を受けた。今年の初めに内部担当者が仮想通貨を保管しているウォレットの「秘密鍵」を紛失し、現在の相場で60億ウォン(約5億6,000万円)相当の仮想通貨が動かせない状態だ。12日、ソウル回生裁判所は「債務者(coinbin)に負債を超える破産原因の事実が存在する」と破産宣告の理由を説明した。従って、coinbinは12月10日まで債権申告を受け、来年の1月9日に1次債権者集会で実際の債権があるかを確認するという。coinbinの債権者は取引所のユーザーとなる。しかし、残っている資産を処分するとしても、ユーザーの被害額を全部返してもらうことは難しいと
    • Bithumbトークンの被害者らが関係者20名を刑事訴訟か・・ICOから-99%下落

      韓国の仮想通貨取引所Bithumbの買収を進めていた「BXAコンソーシアム(法人名 BTHMB)」が資金不足を理由に、残金が払えない状態になり買収のプロセスで発行された「BXAトークン」が問題になっている。15日、韓国の関連業界関係者によると、BXA投資家は「被害者の会」を組織し被害事例などの情報収集を行っているという。Bithumbトークンと呼ばれていたBXAトークンは日本でもツイッターなどを通じ、販売されていた。しかし、Bithumb Globalは11月12日るBithumb Chainにおけるネイティブトークン「BT」を新しく発表している。韓国のBXAトークン投資家たちは「BTHMB」