Aussie Digital (AUD) - ブロックチェーンでEコマースの未来を書き換える

オーストラリアデジタルエコシステムはデジタルトークンに基づいています。 エコシステムには、強力なデジタルマーケティングツールがAmazonのようなストアビルダーと、これまでにない方法でソーシャルメディアを統合するB2B取引プラットフォームが含まれます。 ブロックチェーン技術を利用した他のサービスも、資金の流れをスピードアップするために組み込まれています。これにより、小売業者と買物客のコストを抑えることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AUD
開始日時
2019-05-27
終了日時
2019-07-27
トークン供給数
15,000,000,000
公式サイトへ Owner of Aussie Digital (AUD)?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Brick and Mortar Retailが消えていくとともに、「街を見て回って」と、Eコマースは毎日小売業者にとってますます魅力的になっていることがすぐにわかります。 現在の問題は「欲張りな家主のようなもの」で、オンラインEコマースプロバイダの「Ebay、Shopify、Amazon」なども貪欲になっています。これがAussie Digitalが他よりも優れているところです。 Aussie Digital Projectは、オンラインで中小企業の成長を妨げるのではなく、助けるように設計されています。

オーストラリアデジタルエコシステムはデジタルトークンに基づいています。 エコシステムには、強力なデジタルマーケティングツールがAmazonのようなストアビルダーと、これまでにない方法でソーシャルメディアを統合するB2B取引プラットフォームが含まれます。 ブロックチェーン技術を利用した他のサービスも、資金の流れをスピードアップするために組み込まれています。これにより、小売業者と買物客のコストを抑えることができます。

チーム すべてを見る

Peter Edyvean
Peter Edyvean
Co-Founder Business Strategy
Todd Johnson
Todd Johnson
Co-Founder Business Development & SEO
Fiona Pirlo
Fiona Pirlo
Co-Founder Community
Mike Mazin
Mike Mazin
Business Banker Consultant
Arman De Leon
Arman De Leon
Web Developer
Andy Pinnegar
Andy Pinnegar
Business Marketing

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である