LH-Crypto - 皆のための仮想通貨為替

私たちのICOの主な利点は、何年も働いていたビジネスモデルに基づいており、効率性が証明されており、CROWDSALE参加者に保証を提供できることです。 スマートコントラクトには、投資家が#LHCoinトークンで利益を得ることを可能にする3つの機能が設計され、スマートコントラクトに組み入れられています。 これらの収益関数は#LHCoinトークンの市場価格に依存しません。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
#LHCoin
開始日時
2017-10-30
終了日時
2017-12-31
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
50,000,000 USD
トークン供給数
70,000,000
公式サイトへ Owner of LH-Crypto ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

  • すでに効率性が証明されているビジネスモデルがあります。さらに、私たちは長い歴史と大きな顧客基盤を持っています。
  • Larson&Holzは単なるWebサイトではなく、実際の会社です。私たちは2004年以来市場に入っています。アジア、ヨーロッパ、ラテンアメリカの各国に多くのオフィスとパートナーがあります。
  • 10の言語に堪能な一流のプロフェッショナルな専門家が、当社に雇用されています。
  • ICOは、プレICOステージの直後に投資家に利益をもたらすように設計されています。このプロセスは「早期ボーナス」と呼ばれます。
  • 当社の顧客は活発なインターネットユーザーであり、その財源は限られており、オンラインで獲得するチャンスがあります。このように、巨大な仮想通貨のコミュニティは私たちのターゲットユーザーの一人です。
  • 効率的なビジネスモデルとマーケティングキャンペーンを仮想通貨環境に合わせるだけで済みます。
  • トークン所有者の収益は、資産市場価格の上昇と、入金資金の固定部分に依存し、仮想通貨ブローカーの口座に流れます。それはまったく違う方法ですが、これは配当支払に似ています。これらの支払いはスマートコントラクトに含まれます。この手法は「キャッシュバック」と呼ばれています。
  • 私たちはすでに効率的かつ利益を生むブローカーであるため、トークン所有者に独自の保証を提供することができます。分。最初の1年間に保証するトークン収率は20%です。これは「トークンレート保険システム」と呼ばれます。

チーム すべてを見る

John Larson
John Larson
Key Investor and Founder
Georgy Pavloff
Georgy Pavloff
Chief Operation Officer
Alexandr Smirnoff
Alexandr Smirnoff
Chief audit executive
Nikita Baishev
Nikita Baishev
Chief innovation officer
Romany Sedhom
Romany Sedhom
Blockchain integrator
Alena Narinyani
Alena Narinyani
Chief marketing officer

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )