LH-Crypto - 皆のための仮想通貨為替

私たちのICOの主な利点は、何年も働いていたビジネスモデルに基づいており、効率性が証明されており、CROWDSALE参加者に保証を提供できることです。 スマートコントラクトには、投資家が#LHCoinトークンで利益を得ることを可能にする3つの機能が設計され、スマートコントラクトに組み入れられています。 これらの収益関数は#LHCoinトークンの市場価格に依存しません。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
#LHCoin
開始日時
2017-10-30
終了日時
2017-12-31
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
50,000,000 USD
トークン供給数
70,000,000
公式サイトへ Owner of LH-Crypto ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

  • すでに効率性が証明されているビジネスモデルがあります。さらに、私たちは長い歴史と大きな顧客基盤を持っています。
  • Larson&Holzは単なるWebサイトではなく、実際の会社です。私たちは2004年以来市場に入っています。アジア、ヨーロッパ、ラテンアメリカの各国に多くのオフィスとパートナーがあります。
  • 10の言語に堪能な一流のプロフェッショナルな専門家が、当社に雇用されています。
  • ICOは、プレICOステージの直後に投資家に利益をもたらすように設計されています。このプロセスは「早期ボーナス」と呼ばれます。
  • 当社の顧客は活発なインターネットユーザーであり、その財源は限られており、オンラインで獲得するチャンスがあります。このように、巨大な仮想通貨のコミュニティは私たちのターゲットユーザーの一人です。
  • 効率的なビジネスモデルとマーケティングキャンペーンを仮想通貨環境に合わせるだけで済みます。
  • トークン所有者の収益は、資産市場価格の上昇と、入金資金の固定部分に依存し、仮想通貨ブローカーの口座に流れます。それはまったく違う方法ですが、これは配当支払に似ています。これらの支払いはスマートコントラクトに含まれます。この手法は「キャッシュバック」と呼ばれています。
  • 私たちはすでに効率的かつ利益を生むブローカーであるため、トークン所有者に独自の保証を提供することができます。分。最初の1年間に保証するトークン収率は20%です。これは「トークンレート保険システム」と呼ばれます。

チーム すべてを見る

John Larson
John Larson
Key Investor and Founder
Georgy Pavloff
Georgy Pavloff
Chief Operation Officer
Alexandr Smirnoff
Alexandr Smirnoff
Chief audit executive
Nikita Baishev
Nikita Baishev
Chief innovation officer
Romany Sedhom
Romany Sedhom
Blockchain integrator
Alena Narinyani
Alena Narinyani
Chief marketing officer

人気STO/ICO記事

  • 50億円以上の資金調達に成功した16のプロジェクトのほとんどがマイナス収益率・・ADA・TRON・XTZだけがプラスか

    中国メディアBlockBeatsが暗号資産リサーチ企業「Messari」のデータを引用し、ICOで5,000万ドル(53億円)以上の資金調達に成功した16のプロジェクトの中でテゾス(XTZ、時価総額18位)、TRON(TRX、時価総額14位)、カルダノエイダ(ADA、時価総額11位)以外のプロジェクトのROI(投資した資本に対して得られた利益のこと)が全てマイナスだったと報道した。 TRON:7,000万ドルの資金調達→投資収益率666.55%16のプロジェクトの中、ICOで42億ドル(約4,400億円)の資金調達に成功したイオス(EOS、時価総額8位)のROI(投資収益率)は分からなかっ
  • 韓国、Upbit取引所がMoneroなどの匿名通貨6種類を対象に上場廃止を検討・・・XMR・DASH・ZEC・XHV・TUBE・PIVX

    韓国最大級、仮想通貨取引所Upbitが9日の午後17時頃、公式ホームページを通じ、匿名の特徴を持つ・XMR・DASH・ZEC・XHV・TUBE・PIVXの6種類の通貨を注意銘柄として指定し、上場廃止を検討すると発表した。Upbitは上場廃止の理由として2018年10月に開かれた総会で「マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)」の暗号資産取り扱い業者(Virtual Asset Service Provider)に関する国際基準を適用させると協議し、これに関する具体的な実施法案を2019年6月まで規定すると公表していたと説明した。また、暗号資産がマネーロンダリングや違法的な目的で使
  • 2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%

    中国メディアIPRdailyは最近2019年、上半期の世界ブロックチェーン関連の「特許申請企業ランキング100」を発表した。2019年は2018年の特許申請数をはるかに上回っている。報道によると、特許申請の数が一番多かった企業は中国企業の「アリババ」で合わせて322件を申請していた。次は中国の保険会社「平安」が274件(2位)、その次はアンティグア・バーブーダ(カリブ海東部に位置する島国)のブロックチェーン企業「nChain」が241件(3位)だった。※資料: マスターカード 79件(10位) マイクロソフト 35件(22位)一方で日本企業は NEC 18件(46位) SONY