LaborCrypto - グローバルなフリーランスのピアツーピアエコシステム

LaborCryptoTMは人力で動くフリーランスの作業環境の管理者です。 私たちのアルゴリズムは、他のユーザーとユーザーを照合して、フリーランスの仕事を雇い、促進します。 LaborCryptoは、経済的なマッチメイキングを合理化するプラットフォームであるChoreReliefTMの新しいバージョンです。 LaborCryptoはその経験を活用し、ブロックチェーンのスマートコントラクトの力を適用して企業の権力構造を分散させ、フリーランスの労働者と彼達を雇う人たちにもっと経済的な力を与えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LBR
開始日時
2018-10-01
終了日時
2018-11-30
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
22,000,000 USD
初回価格
1 LBR = 0.0005 USD
トークン供給数
60,000,000,000
公式サイトへ Owner of LaborCrypto?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

フリーランサーまたはフリーランサーを雇用するためにLaborCryptoTMを使用することには大きなメリットがあります。 LaborCryptoTMは、すべてのトランザクションの数を維持し、透明性を維持する分散プラットフォームです。

スマートコントラクト

支払いが行われるために作業が完了したことを保証します。

統合

ユーザーはLaborCryptoTMプラットフォームのすべてを調整します。

銀行

銀行取引や通貨の問題はありません=手数料なし

デジタル通貨

デジタル通貨はブロックチェーン技術に基づいています。

チーム すべてを見る

Steven Young
Steven Young
Attorney and Blockchain Entrepreneur/Advisor
Adam Cisek
Adam Cisek
VP of Operations
Tarik Khribech
Tarik Khribech
CEO/Founder
Jeff Krantz
Jeff Krantz
Strategic Advisor
Prabu Dass
Prabu Dass
Strategic Advisor
Vinodh Vemireddy
Vinodh Vemireddy
Data Governance & Controls Advisor

人気STO/ICO記事

  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・