LaborCrypto - グローバルなフリーランスのピアツーピアエコシステム

LaborCryptoTMは人力で動くフリーランスの作業環境の管理者です。 私たちのアルゴリズムは、他のユーザーとユーザーを照合して、フリーランスの仕事を雇い、促進します。 LaborCryptoは、経済的なマッチメイキングを合理化するプラットフォームであるChoreReliefTMの新しいバージョンです。 LaborCryptoはその経験を活用し、ブロックチェーンのスマートコントラクトの力を適用して企業の権力構造を分散させ、フリーランスの労働者と彼達を雇う人たちにもっと経済的な力を与えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LBR
開始日時
2018-10-01
終了日時
2018-11-30
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
22,000,000 USD
初回価格
1 LBR = 0.0005 USD
トークン供給数
60,000,000,000
公式サイトへ Owner of LaborCrypto?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

フリーランサーまたはフリーランサーを雇用するためにLaborCryptoTMを使用することには大きなメリットがあります。 LaborCryptoTMは、すべてのトランザクションの数を維持し、透明性を維持する分散プラットフォームです。

スマートコントラクト

支払いが行われるために作業が完了したことを保証します。

統合

ユーザーはLaborCryptoTMプラットフォームのすべてを調整します。

銀行

銀行取引や通貨の問題はありません=手数料なし

デジタル通貨

デジタル通貨はブロックチェーン技術に基づいています。

チーム すべてを見る

Steven Young
Steven Young
Attorney and Blockchain Entrepreneur/Advisor
Adam Cisek
Adam Cisek
VP of Operations
Tarik Khribech
Tarik Khribech
CEO/Founder
Jeff Krantz
Jeff Krantz
Strategic Advisor
Prabu Dass
Prabu Dass
Strategic Advisor
Vinodh Vemireddy
Vinodh Vemireddy
Data Governance & Controls Advisor

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディング・FUNDINNOについて

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価
  • Coincheck(コインチェック)レバレッジ取引サービス終了へ

    マネックスグループの子会社である仮想通貨取引所「コインチェック」が本日の13時に公式ホームページをを通じ、2020年3月13日(金)12:00を持って、レバレッジ取引のサービスを終了すると発表した。レバレッジ取引でポジションを持っているユーザーは期日までにレバレッジアカウントにおける日本円残高を取引アカウントへお振替えしておく必要がある。取引終了日:2020年3月13日(金)12:00取引アカウントへの残高振替期限:2020年3月末現在、レバレッジ取引の新規注文を停止しております。レバレッジ取引の取引履歴については、引き続き閲覧可能です。予定は予告なく変更となる場合がございます。取引終了日(予
  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場