KABN Token - ブロックチェーンIDから始まる金融サービス

KABNネットワークは、Pegasus Flyte Visaカード、承認された暗号リンクプリペイドVisaカード、およびモバイル統合多通貨バンキングウォレットを含む統合金融サービススイートです。 KABN KASH、強力なロイヤルティおよびエンゲージメントプログラム、およびネットワークアンカー、KABN ID、特許申請中、Always On、GDPRの苦情、ブロックチェーンおよびバイオメトリックベースの本人確認および検証プラットフォーム。 KABN IDは、消費者向けのサービスを無料で利用でき、オンラインでも従来の市場でも、継続的な監視とIDの証明を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KABN
開始日時
2019-03-08
終了日時
2019-06-30
初回価格
0.2000 USD
トークン供給数
261,800,000
公式サイトへ Owner of KABN Token?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率17%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

KABNの使命は、分散型市場経済を支える世界クラスの製品とサービスを創造し、消費者がデジタルアイデンティティと個人データを管理し、それらを仮想通貨にリンクされた金融サービスとロイヤルティプラットフォームに結びつけることです。

チーム すべてを見る

Ben Kessler
Ben Kessler
Chief Executive Officer
Michael Konikoff
Michael Konikoff
Chief Revenue Officer
Jason Imola
Jason Imola
Interim Chief Compliance Officer North America
AJ Ostrow
AJ Ostrow
Chief Technology Officer
Alex Tong
Alex Tong
Chief Financial Officer
Matt McGuire
Matt McGuire
Advisor

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常