KABN Token - ブロックチェーンIDから始まる金融サービス

KABNネットワークは、Pegasus Flyte Visaカード、承認された暗号リンクプリペイドVisaカード、およびモバイル統合多通貨バンキングウォレットを含む統合金融サービススイートです。 KABN KASH、強力なロイヤルティおよびエンゲージメントプログラム、およびネットワークアンカー、KABN ID、特許申請中、Always On、GDPRの苦情、ブロックチェーンおよびバイオメトリックベースの本人確認および検証プラットフォーム。 KABN IDは、消費者向けのサービスを無料で利用でき、オンラインでも従来の市場でも、継続的な監視とIDの証明を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KABN
開始日時
2019-03-08
終了日時
2019-06-30
初回価格
0.2000 USD
トークン供給数
261,800,000
公式サイトへ Owner of KABN Token?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率17%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

KABNの使命は、分散型市場経済を支える世界クラスの製品とサービスを創造し、消費者がデジタルアイデンティティと個人データを管理し、それらを仮想通貨にリンクされた金融サービスとロイヤルティプラットフォームに結びつけることです。

チーム すべてを見る

Ben Kessler
Ben Kessler
Chief Executive Officer
Michael Konikoff
Michael Konikoff
Chief Revenue Officer
Jason Imola
Jason Imola
Interim Chief Compliance Officer North America
AJ Ostrow
AJ Ostrow
Chief Technology Officer
Alex Tong
Alex Tong
Chief Financial Officer
Matt McGuire
Matt McGuire
Advisor

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー
  • 【特典Wドリ】キャンペーンでウェルスナビにお得に登録する方法!副業・資産運用

    ウェルスナビを始めたいと思っているが、まだ、初回登録が済んでいない方はラッキーです!こういったサービスを少しでもお得に申し込む為には、キャンペーンを上手に活用することが大切ですが、ちょうど今、ウェルスナビは、お得な夏のキャンペーンを開催しており、コインポインを利用することで、さらにお得に特典をWドリすることができるんです!当記事では、ウェルスナビを少しでもお得に登録する為の方法をご紹介いたします。この2つのキャンペーンで条件をクリアすれば最低でも5500円相当の特典、最高で10万4500円相当の特典を獲得することができます。コインポイン経由で登録し、10万円入金とリスク許容度の設定を行えば、最