JoyToken - ギャンブル業界用インフラプロトコル

JoyTokenはスマートコントラクトがゲーム結果を自動的に決定するために使用される「信頼必要がない」賭博エコシステムの基盤を形成するプラットフォームとプロトコルです。 JoyTokenのプラットフォームに参加することで、ゲーム開発者はゲームの分配と報酬を得ることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
JOY
開始日時
2017-12-01
終了日時
2018-02-26
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
46,340,000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of JoyToken ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Joy Gamingの技術は、小規模な開発者、ソフトウェア会社、大規模なカジノやプレーヤーを繋げる新しいソリューションを提供します。 これは、プレーヤーに恩恵をもたらすだけでなく、開発者やカジノ側にとっても、リスクを減らすことのできるゲーム・エコシステムを生み出します。

信頼性、透過性が欠如していることは、オンラインギャンブル産業の懸念事項となっています。 プレーヤーは、たとえ小規模なサイトでより「面白いゲーム」が提供されていたとしても、当然のことながら信頼するカジノブランドに引き寄せられるため、評判の良いカジノを使う傾向にあります。 Joy Gaming技術は、透明性の高いブロックチェーンベースのシステムであり、これはゲーム業界での信頼性を高めるのに役立ちます。 Joy Gaming技術によって、ユーザーは透明性の高い、コードにより管理された環境でプレーすることが可能になります。 従って、プレーヤーと開発者は、ゲームの公平性を信頼することができます。 革新的な乱数発生器により、プレーヤーは、自分がプレーするゲームが公平で安全であると安心できるのです。 一方で、開発者、カジノ、企業は、流動性の共有と公正な報酬を提供するエコシステムから恩恵を受けます。 開発者とカジノを結び付けることで、弊社は、Joy Gamingの参加者すべてが恩恵を得られるような最適なソリューションを目指しています。

チーム

Andrew MacDonald
Andrew MacDonald
CEO
Mike Leys
Mike Leys
CMO
Steve Giordano Imbroll
Steve Giordano Imbroll
CTO
Lee Murphy
Lee Murphy
Advisor
Mateusz Mach
Mateusz Mach
Advisor
Keld Knudsen
Keld Knudsen
Advisor

人気STO/ICO記事

  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部