Job.com - リクルート革命

Job.comは、マッチング技術、ブロックチェーンのスマートコントラクト、フィードバック、財政的インセンティブを強化し、従来の採用モデルを進化させます。 Job.comプラットフォームとトークン経済の強力な組み合わせは、コストのかかる仲介者から分散型の報酬ベースのコミュニティへと業界を再編し、自分の経験の所有権を解放するという使命を果たします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
JOBTK
開始日時
2018-08-01
終了日時
2018-08-31
最低目標
2,500,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 JOBTK = 0.065 USD
トークン供給数
384,615,385
公式サイトへ Owner of Job.com?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームGoChain
タイプGoChain
参加可能通貨ETH, BTC, GO
供給率38.46%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

候補者

候補者はインタビューを同意するの前にのみ、プロフィールデータを公開します。これにより、許可なく個人データが公開されることはありません。彼らの進歩は安全で半匿名の方法での検証を可能にするMerkle Treeハッシュを使用してブロックチェーンに書き込まれます。

雇用者

雇用者は候補者の勤務経験、スキルセット要約、期待値のすべてを表示するが、個人データは表示されません。企業が連絡を取りたい場合は、詳細を要求して対話を開始することができます。彼らは、プロファイル情報を見てから候補者をインタビューすることを選択できます。

ブロックチェーン

ブロックチェーン技術は、両当事者の正確な相互作用を確保するためのものです。候補者の雇用ボーナスは、スマートコントラクトでロックされ、候補者によって検証されます。

チーム すべてを見る

Benn Godenzi
Benn Godenzi
Co-Founder Interoperability Alliance
Travis Reeder
Travis Reeder
Cloud and Blockchain Infrastructure Architect, CTO at GoChain
Dr Majid Almansouri
Dr Majid Almansouri
Co-Founder - CEO of ChainVisory
Chris Williamson
Chris Williamson
Co-Founder, MB Technology
Mohammed Ramadani
Mohammed Ramadani
Co-Founder - Managing Director of ChainVisory
Becker Goldstein
Becker Goldstein
Strategic Coin

人気STO/ICO記事

  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本