Job.com - リクルート革命

Job.comは、マッチング技術、ブロックチェーンのスマートコントラクト、フィードバック、財政的インセンティブを強化し、従来の採用モデルを進化させます。 Job.comプラットフォームとトークン経済の強力な組み合わせは、コストのかかる仲介者から分散型の報酬ベースのコミュニティへと業界を再編し、自分の経験の所有権を解放するという使命を果たします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
JOBTK
開始日時
2018-08-01
終了日時
2018-08-31
最低目標
2,500,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 JOBTK = 0.065 USD
トークン供給数
384,615,385
公式サイトへ Owner of Job.com?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームGoChain
タイプGoChain
参加可能通貨ETH, BTC, GO
供給率38.46%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

候補者

候補者はインタビューを同意するの前にのみ、プロフィールデータを公開します。これにより、許可なく個人データが公開されることはありません。彼らの進歩は安全で半匿名の方法での検証を可能にするMerkle Treeハッシュを使用してブロックチェーンに書き込まれます。

雇用者

雇用者は候補者の勤務経験、スキルセット要約、期待値のすべてを表示するが、個人データは表示されません。企業が連絡を取りたい場合は、詳細を要求して対話を開始することができます。彼らは、プロファイル情報を見てから候補者をインタビューすることを選択できます。

ブロックチェーン

ブロックチェーン技術は、両当事者の正確な相互作用を確保するためのものです。候補者の雇用ボーナスは、スマートコントラクトでロックされ、候補者によって検証されます。

チーム すべてを見る

Benn Godenzi
Benn Godenzi
Co-Founder Interoperability Alliance
Travis Reeder
Travis Reeder
Cloud and Blockchain Infrastructure Architect, CTO at GoChain
Dr Majid Almansouri
Dr Majid Almansouri
Co-Founder - CEO of ChainVisory
Chris Williamson
Chris Williamson
Co-Founder, MB Technology
Mohammed Ramadani
Mohammed Ramadani
Co-Founder - Managing Director of ChainVisory
Becker Goldstein
Becker Goldstein
Strategic Coin

人気STO/ICO記事

  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数
  • 【最新版】キャンペーン中の仮想通貨取引所まとめ!口座開設でお得にビットコインをGETしよう!

    [FX口座数国内1位のDMMが運営する仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」はトレードサービスが充実!さらにレバレッジ取引の取り扱い数は国内一位!今なら、新規口座開設で1,000円がもらえるキャンペーンを実施中!期間限定のお得なキャンペーン中に口座登録をしよう!✅ レバレッジ取引の取り扱い銘柄数1位 ✅ 上級者も納得! 高機能な取引ツール ✅ 豊富なトレードサービス [[[bitbankは、XRPの取引量が世界有数、MONAの取引高は日本一を誇る取引所です。セキュリティも第三者機関による高い評価を受けるなど、安全面において定評があります。   [[[GMOコインは、
  • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

    韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに