Jarvis - Jarvis取引所でボーダレス取引

Jarvisを使用すると、ユーザーはJarvis Exchange Frameworkを使用して独自の分散型金融ハブを構築できます。このフレームワークは、集中型または分散型の方法で資産を管理し、法定通貨、暗号通貨、株式、ForexとCFD取引、および幅広いDAppsにアクセスすることを可能にします。 資産は交換、支払い、または担保の媒体として利用することができ、貸し借りすることができます。

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
JRT
開始日時
2018-11-26
終了日時
2019-03-21
最高目標
21,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
280,000,000
公式サイトへ Owner of Jarvis?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 30%
  • 01/03/2019 – 07/03/2019 - 20%
  • 08/03/2019 – 14/03/2019 - 10%

概要

分散型テクノロジーを個人金融に適用すると、従来のFintechでは不可能だった新しい機能が実現し、ソリューションが提供されます。 Jarvisは、ユーザーが資金、貿易、投資を管理する方法を改善することで、これらのテクノロジーの大規模導入を推進するように設計されています。

JarvisはユーザーがJarvis Exchange Technology Frameworkを使用して独自の金融ハブを構築できるようにします。このフレームワークには、エスクロー機能を備えた複数のウォレット構造を持つ、ライセンス付きの集中型および半分散型取引所が含まれています。このテクノロジは即時のクロスチェーンおよびクロス資産クラスの交換を可能にする、集中型および分散型の流動性プールおよびプロトコルのネットワークを形成します。この相互運用性により、ユーザーはあらゆる金融市場や幅広いDAppにアクセスできます。この枠組みの中で、ユーザーの資産は、集中管理された方法または分散された方法で保管され、交換媒体または支払い媒体として、担保として、または流動性プールに利用されます。シームレスな経験を保証するために、Jarvisテクノロジーは交換、移転、取引、ローンおよび支払いに必要なすべてのプロセスを自動化します。

ユーザーは自分の財布をカスタマイズして、ニーズに最適な金融ハブを構築できます。ユーザーフレンドリーなインターフェースを通して、フレームワーク機能を活用することができます。彼らは資金と資産を管理し、デジタルと伝統的な製品の両方に投資することができます。資産を支払いゲートウェイにリンクしたり、お金を貸したり借りたり、DAppにアクセスしたりして、可能性をさらに広げることができます。直観的なユーザーエクスペリエンスは、AIによって補完され、会話スキルは、ユーザーが間違いを犯すことを防いだり、質問に答えたり、ユーザーがより良い意思決定をしたり、個人のエコシステム内でナビゲートしやすくします。

Jarvis取引技術フレームワークは、保有者にJarvis DAOへの私的アクセスを提供するJarvis Reward Token(JRT)によってサポートされています。Jarvis DAOには、トークン所有者間の複数の収益ストリームの分配が含まれます。

チーム すべてを見る

Pascal Tallarida
Pascal Tallarida
Founder & CEO
Cyril Tabet
Cyril Tabet
Founder
Andrew Anderson
Andrew Anderson
Founder & CTA
Emmanuel Grand
Emmanuel Grand
UX designer
Stefani Todorova
Stefani Todorova
PR manager
Neno Baynov
Neno Baynov
Project manager

人気ICO記事

  • エンジニア勉強会を開催しました!「コイン相場」開発週報 Vol.25

    世の中はすっかり年末ムードですね!飲み会三昧で体調は崩していませんか??かくいうCOINJINJAはというと、今日はみんなで忘年会です!余談ですが中国語の「乾杯(カンペイ)」はグラスを空にするまで飲み干すという意味だそうです。(気をつけましょうw)説明会はホントに最初だけで、メインコンテンツは実際に動かしてみる所。弊社のCEO徐楽楽が、その場でコードを書いて、一応公開する所まで1時間弱でいきました。エンジニアの方からすると簡単に出来そうに見えたようですが、非エンジニアからすると簡単では。。最後には簡単なアイディアソンをやって締め括りとなりました。社内コミュニケーションへのトークン導入や飲み会で
  • チャート画面から残高がチェックできる!「コイン相場」開発週報 Vol.21

    こんにちは。2週間ほどアフリカ行ってました。wifi繋がればアフリカから週報書こうと思ったのですがwifi環境くそ脆弱だったので諦めて別の者にお願いしてました。日本ってめっちゃ平和で住みやすいって痛感しました。最新版のリリースもしてバグが所々発生していますが目下修復作業中ですのでバグが直るまでご不便お掛けいたしますが今しばらくお待ちください。機種本体の言語設定を変えずにアプリの言語設定変えるだけでアプリ全体がその設定言語になります。今までは機種の言語設定が日本語でアプリの言語設定が英語だとニュース機能だけで英語ニュースで他の機能が日本語表示でした。チャート画面に「残高」を設置しました。これによ
  • 世界初の投資家たちとともに作った仮想通貨取引所 : ビットニア

    既存の取引所が公開しようとしない部分まで公開し"最高の透明性"を目標に登場した新規仮想通貨取引所ビットニア (BTCNIA)ビットニアは最初から格別です。 1年以上、仮想通貨コミュニティを運営してきたTEAM KCSは開発段階から企画やコンセプトを公開し、コミュニケーションを通じてコミュニティと共に作り出した取引所です。 取引所運営のすべての部分を隠さず投資家に公開するという点で独自性を強調し、非倫理的で不道徳な経営で崩壊しつつある仮想通貨市場を正すという彼らの切実な願いを込めて作りました。 彼らの取引所トークンであるニア (NIA) は従来のICOになかったボーナスオークション方式で進められ