iTrue - 分散型ウェブのバイオメトリックID

iTrueは、大手ハイテク企業からのユーザー自身のデータ管理権をユーザーに戻したいと考えています。 あなたのフェイスパスはあなたのデータへの鍵です。ビジネスユーザーと個人ユーザーは、データ経済と分散型アプリ市場に参加することで報酬を得ることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ITU
開始日時
2018-12-21
終了日時
2019-03-21
最低目標
25,000 USD
最高目標
11,000,000 USD
初回価格
0.0030 USD
トークン供給数
4,800,000,000
公式サイトへ Owner of iTrue?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームSeparate blockchain
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, USD, EUR, RUB
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 40%
  • ICO Part 1 Day 1 - 30%
  • ICO Part 1 Week 1 - 20%
  • ICO Part 1 Week 2-3 - 15%
  • ICO Part 2 Day 1 - 15%
  • ICO Part 2 Week 1-2 - 10%
  • ICO Part 2 Week 3-4 - 5%

概要

iTrueは、大手テクノロジー企業からのデータをユーザーが管理できるようにすることに重点を置いた、モジュール式のブロックチェーンおよびバイオメトリックソリューションです。

私たちはあなたの顔がデータへの鍵であることを意味する顔認識ソフトウェアでシステムへのアクセスを保護します。

データは、ブロックチェーンと分散データベーステクノロジを組み合わせた最先端のStone Storageソリューションに保存されます。

私たちはユーザーにインセンティブシステムを提供します。 ビジネスと個人ユーザーはデータ経済と分散型アプリ市場に参加することで報酬を得ることができます。

チーム すべてを見る

Mikhail Podlinev
Mikhail Podlinev
Chief Operating Officer
Maxim Tkachenko
Maxim Tkachenko
СEO
Abhishek Gangwar
Abhishek Gangwar
Chief CV Engineer
Antoshi Popov
Antoshi Popov
Chief Strategy Officer
Evgeny Prosvirin
Evgeny Prosvirin
Frontend Developer
Jared Polites
Jared Polites
Head of Marketing

人気STO/ICO記事

  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ