IOTW - IoTデバイスのマイクロマイニングのための新しいブロックチェーン

IOTWは、すべてのIoTデバイスをグローバルに接続し、マイクロマイニングの形で受動的な収入を作り、IoTデバイスで分散アプリケーションを開発できるようにする割当証明(PoA)を使用したIoTブロックチェーンインフラストラクチャプロジェクトです。IOTWの使命は、ブロックチェーンをベースにしたIoTデバイスのためのデータ・エコシステムを確立することであり、消費者と製造業者との間の大きなデータを直接交換して人々の生活を最終的に改善することです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
IOTW
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
0.0550 USD
トークン供給数
2,560,000,000
公式サイトへ Owner of IOTW?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率24%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Until Presale - 50%
  • 1st Day - 30%
  • 1st and 2nd Week - 25%
  • 1st Day - 20%
  • 1st Week - 17%
  • 2nd Week - 14%
  • 3rd Week - 11%
  • 4th Week - 7%
  • 5th Week - 4%
  • 6th Week - 0%

概要

IOTWは、スマートで接続されたデバイス(IoTデバイス)でダウンロードして実行できるフリーソフトウェアです。追加のハードウェアと最小限の電力コストは必要ありません。起動すると、デバイスはIOTWブロックチェーンのエコシステムに参加し、マイニングを開始できます。後でオンラインアウトレットモールで掘ったIOTWコインを使うことができます。私たちのソフトウェアをIoTデバイスにダウンロードして起動するだけで、すでにマイニングしています。シンプルで簡単。

私たちのアルゴリズムは「Proof of Assignment」と呼ばれ、すべてのIoTデバイスの公正なゲームです。すべてのデバイスが報酬を得る機会は同じです。マイニング報酬は、計算能力やあなたがすでに所有しているコインの数に依存しません。各デバイスの機会は同じであるため、デバイスが多いほど、より多くの報酬を得ることができます。これまでのところ、他のIoTプロジェクトの大半は、高い計算能力と高いコストに対する需要のために大量に展開することができません。しかし、IOTWブロックチェーンソフトウェアは、追加のハードウェアを必要とせず、多くの電力を消費しません。非常にシンプルなIoTデバイス上で動作することができるため、IOTWは、マスマーケットで採用されている真のブロックチェーン技術です。

IOTWブロックチェーンは、IoTデバイスがある世界各地に役立つことを目指しています。まあ、一部の国では、仮想通貨の使用を禁止する法律があります。そのような国では、法律に従うために、サービスがカバーされないことをお詫びします。

チーム すべてを見る

Anthony Lai
Anthony Lai
Ico Advisor
Alex Rusnak
Alex Rusnak
Technology Advisor
Dean Patrick
Dean Patrick
Advisor
Andrew Bakst
Andrew Bakst
Advisor
Yuen Wong
Yuen Wong
Advisor
David Zhang
David Zhang
Advisor

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である