Bitlumens - BLSを用いた分散型再生可能エネルギーシステム

BitLumensは、電力グリッドのない地域に太陽光発電装置を配備し、ブロックチェーンに接続します。 これらのデバイスを使用することで、人々は信用度を高めます。 銀行は、BitLumens独自のトークンBLSを使用してデータにアクセスし、それを使用して緊急に必要な人にマイクロクレジットを発行することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BLS
開始日時
2018-08-06
終了日時
2018-09-22
最低目標
20,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 BLS = 0.001 ETH
トークン供給数
25,000,000
公式サイトへ Owner of Bitlumens?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale From August 6 to August 22 - Up to 40%
  • Sale Day 1 - 20% Discount
  • Sale Day 2-7 - 14% Discount
  • Sale Day 8-14 - 7% Discount
  • Sale Day 15-28 - No Discount $0.83

概要

Bitlumensは何をしていますか?

BitLumensは、電気と銀行にアクセスすることなく、12億人の人々のための分散型ブロックチェーンベースのマイクロパワーグリッドを構築しています。

Bitlumensは、ミニ・グリッドまたはソーラー・ホーム・システムのようなソーラー・ハードウェアを、見込み顧客の顧客(KYC)情報を収集する専用グループのエージェントを通じて提供します。完成後、ソーラーハードウェアがインストールされ、ユーザーはBLSに指定された毎月の分割払いでこの太陽光システムを支払うことができます。このデバイスは、エージェントが各顧客から毎月の会費を徴収した後、OTC市場を介して購入するBLSトークンで実行されます。すべてのトランザクションはイーサリアムブロックチェーンに記録され、クライアントにデータ(クレジットスコア)にアクセスできるようにします。したがって、Clean Technology、Fintech、ブロックチェーン、およびクラウドコンピューティングを組み合わせることで、Bitlumensは電力を生成するサービス(SaaS)としてのソフトウェアを提供します。

トークンの応用

BitlumensのソーラーハードウェアはBLSトークンによって強化されます。クライアントはBiltumensアプリをダウンロードしてソーラーマシンを起動し、デジタルウォレットを使用してBLSトークンを購入することができます。顧客の中には、ソーラーホームシステムでデジタル支払いを行うインターネットアクセスがない場合、BitLumensは代金を現金で回収し、対応する量のBLSトークンを公開市場から購入する代理店を採用しています。トークンは、ブロックチェーン上のスマートコントラクトによって生成され、顧客のソーラーマシンを実行するように転送されます。

顧客がデフォルトの場合、トークンは生成されず、購入したトークンがない場合に実行されないブロックチェーン上のスマートコントラクト上に構築されるので、マシンは機能しなくなります。代理人は、顧客からの約束に応じて、手数料ベースでBLSで支払いを受け取ります。

さらに、トークンの使用について興味深いのは、それがアプリケーションまたは店頭市場の誰かから購入し、顧客のウォレットに送られるということです。家族は、トークンを他の送金業者よりも迅速かつシームレスかつ低コストで口座に送金することで、家族の手形を簡単に支払うことができます。

チーム すべてを見る

Veronica Garcia
Veronica Garcia
CEO
Daniel Heller
Daniel Heller
CFO
Yash Patel
Yash Patel
Backend Developer
Joao Santos
Joao Santos
IoT Engineer
Saiprasad V. Bhosle
Saiprasad V. Bhosle
Project Manager
Ana Lucrecia Castellanos
Ana Lucrecia Castellanos
Business Developer

人気STO/ICO記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー
  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は