Bitlumens - BLSを用いた分散型再生可能エネルギーシステム

BitLumensは、電力グリッドのない地域に太陽光発電装置を配備し、ブロックチェーンに接続します。 これらのデバイスを使用することで、人々は信用度を高めます。 銀行は、BitLumens独自のトークンBLSを使用してデータにアクセスし、それを使用して緊急に必要な人にマイクロクレジットを発行することができます。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BLS
開始日時
2018-08-06
終了日時
2018-09-22
最低目標
20,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 BLS = 0.001 ETH
トークン供給数
25,000,000
公式サイトへ Owner of Bitlumens?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale From August 6 to August 22 - Up to 40%
  • Sale Day 1 - 20% Discount
  • Sale Day 2-7 - 14% Discount
  • Sale Day 8-14 - 7% Discount
  • Sale Day 15-28 - No Discount $0.83

概要

Bitlumensは何をしていますか?

BitLumensは、電気と銀行にアクセスすることなく、12億人の人々のための分散型ブロックチェーンベースのマイクロパワーグリッドを構築しています。

Bitlumensは、ミニ・グリッドまたはソーラー・ホーム・システムのようなソーラー・ハードウェアを、見込み顧客の顧客(KYC)情報を収集する専用グループのエージェントを通じて提供します。完成後、ソーラーハードウェアがインストールされ、ユーザーはBLSに指定された毎月の分割払いでこの太陽光システムを支払うことができます。このデバイスは、エージェントが各顧客から毎月の会費を徴収した後、OTC市場を介して購入するBLSトークンで実行されます。すべてのトランザクションはイーサリアムブロックチェーンに記録され、クライアントにデータ(クレジットスコア)にアクセスできるようにします。したがって、Clean Technology、Fintech、ブロックチェーン、およびクラウドコンピューティングを組み合わせることで、Bitlumensは電力を生成するサービス(SaaS)としてのソフトウェアを提供します。

トークンの応用

BitlumensのソーラーハードウェアはBLSトークンによって強化されます。クライアントはBiltumensアプリをダウンロードしてソーラーマシンを起動し、デジタルウォレットを使用してBLSトークンを購入することができます。顧客の中には、ソーラーホームシステムでデジタル支払いを行うインターネットアクセスがない場合、BitLumensは代金を現金で回収し、対応する量のBLSトークンを公開市場から購入する代理店を採用しています。トークンは、ブロックチェーン上のスマートコントラクトによって生成され、顧客のソーラーマシンを実行するように転送されます。

顧客がデフォルトの場合、トークンは生成されず、購入したトークンがない場合に実行されないブロックチェーン上のスマートコントラクト上に構築されるので、マシンは機能しなくなります。代理人は、顧客からの約束に応じて、手数料ベースでBLSで支払いを受け取ります。

さらに、トークンの使用について興味深いのは、それがアプリケーションまたは店頭市場の誰かから購入し、顧客のウォレットに送られるということです。家族は、トークンを他の送金業者よりも迅速かつシームレスかつ低コストで口座に送金することで、家族の手形を簡単に支払うことができます。

チーム すべてを見る

Veronica Garcia
Veronica Garcia
CEO
Daniel Heller
Daniel Heller
CFO
Yash Patel
Yash Patel
Backend Developer
Joao Santos
Joao Santos
IoT Engineer
Saiprasad V. Bhosle
Saiprasad V. Bhosle
Project Manager
Ana Lucrecia Castellanos
Ana Lucrecia Castellanos
Business Developer

人気ICO記事

  • BitcoinがもらえるポイントサイトであるTadacoin(タダコイン)が正式リリース

    OneBox株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:伊藤直樹)は、2018年12月13日に無料でBitcoinがもらえるポイントサイトであるTadacoin(タダコイン)を正式リリースしたことをお知らせします。()Tadacoin(タダコイン)は、2018年9月からBitcoinのFaucetサイト)としてβ版の提供をしておりました。 Faucetとは、「水道の蛇口」という意味から転じて、「蛇口をひねるように仮想通貨が出てくる」という意味で仮想通貨の世界では使われています。高水準の配布額で、ユーザー数は2ヶ月で2万人を超えました。2018年11月26日には、Tadacoin(タダコイン
  • コミケ95に参加されるサークルの皆様へ|仮想通貨決済を導入しませんか?

    気づけば11月も終盤になり、あっという間に年末ですね。年末といえば?はい。コミケですね。一応ピンと来ない方に概要をお伝えすると。東京ビッグサイトで開催される"オタクの祭典"・コミックマーケット、通称"コミケ"。毎回、50万人以上が駆けつける、熱量高いイベントです。今年の夏に開催されたコミックマーケット94は酷暑にも関わらず来場者数は53万人で、経済効果は180億円あるのだとか・・・。▼コミックマーケット95参加サークル34,850って、半端ないですね。コミケに負けじ劣らじの熱量があった?ビットコイン。昨年末と比較すると、現在は市場も落ち着き、「ビットコインおわた」なんて声も囁かれる昨今ですが、
  • 早稲田大学で講義しました!「コイン相場」開発週報 Vol.24

    急に寒くなりましたね。風邪には十分お気をつけください。私は暖房をタイマー設定するの忘れるのが多々あり、喉を痛めております。重複した内容を速報は1つだけ発信するようにニュース内容を解析して自動でフィルターに掛けれるように開発中です。履歴の価格計算の精度の向上を図っています。今まではグローバル価格で計算していましたが各取引所ごとの価格で算出できるよう開発中です。価格の上下が激しい場合に頻繁にアラートが鳴らないように開発中です。毎週金曜の作戦会議です。みんなで意見出し合ってより良いサービスを提供するために議論しています。12月10日に弊社の沼崎が早稲田大学で講義しました。眠そな人がいなくて助かりまし