Invest in Brokers - あなたの投資の未来

Invest Platformは、経験豊富なトレーダー、アマチュア、または知識と時間のない最高のトレーダーの力を借りて、仮想通貨の取引で金を稼ぎたい人のために作成されたシステムです。 私たちのプラットフォームのおかげで、各ユーザーは資本を増やす機会を増やします。 豊富な社会制度により、経験豊富な投資家に従ったり、同じ通貨ペアに同時に投資することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
INV
開始日時
2018-05-26
終了日時
2018-09-30
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
1 INV = 0.0002 ETH
トークン供給数
126,000,000
公式サイトへ Owner of Invest in Brokers?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率60%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 30%

概要

私たちのソリューション - プラットフォームの活用

投資プラットフォームは、信頼できないAPIベースのコピートレードとアイデアや情報の共有を可能にする気持ちの良いプラットフォームです。投資プラットフォームの概念は非常に簡単です。実績のある投資家が、他のユーザーと初心者は、特定のトレーダーを購読するだけで、私たちのプラットフォームで彼の戦略を共有するトレーダーに従うことができます。   経験豊富なトレーダーとトレーダーを購読したユーザーの両方がAPIを介してリンクされています。経験豊富なトレーダーが行う売り注文や買い注文は、この方法で自動的にあなたのアカウントにコピーされます。

APIサービスを使用する主な利点は、資金、秘密鍵、取引所の選択(Bittrex、Binance、GDAX、Poloniex、Bitifinexなど)を完全に制御できることです。私たちの目標は、初心者と経験豊富なトレーダーを繋ぐことです。当社のプラットフォームのおかげで、各ユーザーは利益を最大化する機会を増やすことができます。最初のトレーダーは、経験豊富なトレーダーのスキルと成功を楽しむことでそうします。経験豊富なトレーダーは有料のサービスを多くの聴衆に提供できる能力を備えています。

チーム すべてを見る

Mateusz Fraczek
Mateusz Fraczek
CEO
Jonas Zeno
Jonas Zeno
Mobile Applications and Blockchain Developer
Rafal Wlaz
Rafal Wlaz
CTO and Security Expert
Alex Kowalski
Alex Kowalski
Lead Backend Developer
Pawel Dedio
Pawel Dedio
Android Developer
Agnieszka Sasin
Agnieszka Sasin
Marketing Expert

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[