ICO HeadStart - 最も安全なICO資金調達プラットフォーム

ICO HeadStart™は、世界で最も安全なICO資金調達プラットフォームです。 当社の経験豊富なコンプライアンス専門家チームは厳選したICOのみを審査し、ICO がHeadStart™プラットフォーム上に掲載される前に承認を得ます。プラットフォームがコミュニティに最高のICO提案と生態系における最高のセキュリティ基準を提供します。 ETHとBTCの見返りに、コミュニティは投票ポイントとともにMOATを受け取ります。 投票を通じて、コミュニティはどちらのICOが資金を受けるかを決めます。 選出されたプロジェクトは、スマートコントラクト条件が満たされた後、エスクロー2.0を通じて資金を受け取ります。 ICO HeadStartの利益は100%シェアされます。80%はMOATをコミュニティから買い戻し、20%は資金を集めたICOの有利なスタートのため使われます。 分散、透明、単純、正直。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MOAT
開始日時
2018-03-26
終了日時
2018-06-23
最低目標
30,000 ETH
最高目標
45,000 ETH
初回価格
1 MOAT = 0. 00003128936196ETH
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of ICO HeadStart?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率15%
KYCWhitelist
参加不可地域USA (non-accredited investors)
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Discount valid until end of ICO - 25%

概要

ICO HeadStartは、現在存在する安全なICO資金調達プラットフォームです。バッカーとクリエイターがお互いを見つけて強化し、バッカーのリスクを最小限に抑え、クリエイターの成功の機会を最大限に活用するプラットフォームです。

  • あなたの契約はブロックチェーン上のスマートコントラクトに記録され、信頼性と誠実さを保証します。
  • ICOの事前選択を規制するICO HeadStartコンプライアンスチームの財務専門知識、成功およびリスク分析を使用します。
  • あなたの投資は、厳密な監視とエスクローによる段階的なステップを経て、さまざまなプロジェクトに段階的に委ねられ、クリエイターは契約を遵守します。
  • あなたはICO HeadStartコミュニティを通じて群衆の知恵を利用し、どのプロジェクトが有望であるかを決定します。
  • ICO HeadStart独自のトークンMOAT(すべてのトークンの母)に投資することでリスクを分散させます。その価値は他のすべてのトークンにリンクされています。このようにして、投資したすべての資金を失うことは決してありませんが、価値の上昇から利益を得ることができます。
  • ICO HeadStartの投資家は、手数料や追加費用を支払うことはありません。
  • あなたは積極的に新しい、独特で有望な金融世界、新しいICOnomyに貢献します。

チーム

Dirk Scheringa
Dirk Scheringa
Advisor
Martin Bylsma
Martin Bylsma
Chief Operating Officer
Nawid Habib
Nawid Habib
Founder & CEO
Aleksandar Martinovic
Aleksandar Martinovic
Founder & CTO
Clyde Tjauw Foe
Clyde Tjauw Foe
Co-Founder & Advisor
Vesna Radovanović
Vesna Radovanović
Project Manager

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ