Hupplat - 書籍のブロックチェーン

物語を書いたり、読んだり、公開したり、共有したり、お互いをフォローしたり、その間に仮想通貨を稼ぐ

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
HUP
開始日時
2018-05-20
終了日時
2018-10-31
最低目標
96 ETH
最高目標
4,400 ETH
初回価格
1 HUP = 0.00127 ETH
トークン供給数
4,000,000
公式サイトへ Owner of Hupplat?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率20%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

どのように機能していますか?

すべてのユーザーに対して、仮想通貨はサイト上のアクティビティに基づいて自動的に分配されます。 あなたはライターである必要はありませんが、サイトで時間を過ごすならば十分です。 暗号資金は、サイト内の取引所と証券取引所の両方で換金するために使用することができます。

定期的な収益

毎年、限られた数のトークンが作家、読者、寄付者、投資家に配布されます。所有者は、保有する金額を上回る一定の数の新しいトークンを獲得することができます。

お金のソースは何ですか?

デジタルマネーはブロックチェーン技術によって生産されます。 このテクノロジはビットコインの背後にある技術で、最初の仮想通貨です。 それらは、仮想ブロックを介して暗号要素に相互接続され、模倣することはできません。

チーム

A. A. Başaran
A. A. Başaran
Author
E. S. Turkgulu
E. S. Turkgulu
City Planner / Web Designer
O. Karakaya
O. Karakaya
Economist / Financial Analyst
S. Bazna
S. Bazna
Software Engineer
Y. Sahbudak
Y. Sahbudak
Lawyer / Legal Adviser

仮想通貨で仕事しよう!

COINJINJAではオフィシャルライターを募集しています。

お仕事内容:

  • 仮想通貨に関する/ICOに関する記事の執筆
  • 元情報が英語である事が多いので英語が読み書き出来る事が望ましいです
  • 報酬は仮想通貨で支給します

まずはご連絡下さい!

人気ICO記事

  • 韓国の最大のコミュニティddengleから始まった仮想通貨ESNについて

    イーサソーシャル(ESN)は2017年に“ddengle”という韓国の仮想通貨マイニングコミュニティから始まったコインです。ESNはコミュニティ基盤コインとして使うため、イーサリアムコアをベースに作られ、既存のイーサリアムが素人には使うことが難しい上に実生活に適用されにくいという問題を克服するために完成度の高い“イーサリアムコア”を使用しつつ、ESN開発陣の独特な方法で具現されます。ESNコインは既にメインネットとテストネットが完成された完全なるコインで、すでに独自のブロックチェーン生態系を構築しています。現在も持続的にESNウォレットを通じ、“ddengle”会員レベルによるエアドロップとマ
  • オンラインサロン「コイン相場Club」 1期生募集!

    書類審査、面談をさせていただいた上、指名させていただきます。コイン相場は仮想通貨取引に関わる主要な機能(相場チャート、ニュースキュレーション、ポートフォリオ管理、税金計算、ICO検索、ウィジェット機能など)を網羅した、オールインワンアプリです。DL数におきまして、仮想通貨関連のアプリでは2位、仮想通貨取引所の公式アプリを除く仮想通貨ツールアプリでは1位となっています。「1万人超えの仮想通貨フェスをやろう!」「仮想通貨Vtuberを創ろう!」「トークンエコノミーの原型が見える地方都市ツアーにいこう!」など、既にいくつかの企画が上がって来ていますコイン相場は株式会社COINJINJAが運営元です。
  • 【韓国レポ】DeepbrainchainのMeet upに参加しました

    この度、韓国のソウルでEther Lab主催のDeepbrainChainの1st Meet upに参加しましたのでその時の情報を共有いたします。世界的に第4次産業革命の核心はブロックチェーンと人口知能であると認識されています。これらの分野はまだまだ、初期産業であるためその分、開発への費用、投資、努力が必要です。しかし、投資、努力はまだ微々たるものであるのが現実です。この現実を打破するため、世界初のブロックチェーン技術を活用し、低費用で分散型のAIプラットフォームを開発しているのDBC (DeepbrainChain)です。約300名ほど参加した今回のMEET UPで一番、記憶に残っているのは