Hupplat - 書籍のブロックチェーン

物語を書いたり、読んだり、公開したり、共有したり、お互いをフォローしたり、その間に仮想通貨を稼ぐ

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HUP
開始日時
2018-05-20
終了日時
2018-10-31
最低目標
96 ETH
最高目標
4,400 ETH
初回価格
1 HUP = 0.00127 ETH
トークン供給数
4,000,000
公式サイトへ Owner of Hupplat?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率20%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

どのように機能していますか?

すべてのユーザーに対して、仮想通貨はサイト上のアクティビティに基づいて自動的に分配されます。 あなたはライターである必要はありませんが、サイトで時間を過ごすならば十分です。 暗号資金は、サイト内の取引所と証券取引所の両方で換金するために使用することができます。

定期的な収益

毎年、限られた数のトークンが作家、読者、寄付者、投資家に配布されます。所有者は、保有する金額を上回る一定の数の新しいトークンを獲得することができます。

お金のソースは何ですか?

デジタルマネーはブロックチェーン技術によって生産されます。 このテクノロジはビットコインの背後にある技術で、最初の仮想通貨です。 それらは、仮想ブロックを介して暗号要素に相互接続され、模倣することはできません。

チーム

A. A. Başaran
A. A. Başaran
Author
E. S. Turkgulu
E. S. Turkgulu
City Planner / Web Designer
O. Karakaya
O. Karakaya
Economist / Financial Analyst
S. Bazna
S. Bazna
Software Engineer
Y. Sahbudak
Y. Sahbudak
Lawyer / Legal Adviser

人気STO/ICO記事

  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • 【DMM Bitcoinとは】キャンペーン中に口座開設して1000円GETしよう!

    「ビットコイン」を含め、7種類もの仮想通貨取引が可能!14通貨ペアのレバレッジ取引が可能です!取引に必要な機能が集約されているのは勿論、レイアウトもオリジナル仕様にカスタムすることができます。何より、チャート機能の充実がトレーダー上級者に選ばれる所以でしょう。仮想通貨取引所では珍しい両建てでの取引が可能。レバレッジ取引では取扱いアルトコインの空売りが可能なことに加え、8つの注文方式を提供しています。[[DMMビットコインはアルトコインのレバレッジ取引に対応しています。ビットコインを含めた7種類の通貨(ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、ETC)に対応していますのは大きな魅力と言える
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他